弱者のネット活用術

パソコンを用いたお得なネット活用方法を中心とした情報を配信します。

今更ですがTwitter始めました。 ★デビュー

0 Comments
kすけ
ブログ初めて13年経っておりますが、Twitterのアカウントを取得しました。
今更ですがね~
とりあえず、FC2ブログと連携してみました。
ブログのアクセスアップの手始めに行うことを今頃やってるような感じです。
つぶやき方はよくわかっておりませんが、スマホで呟けたら便利かと思っております。
アクセスアップにつながるのか確認してみます。

今庄365スキー場へ行ってきました ★ノーマルタイヤで行けるゲレンデ

0 Comments
kすけ
今庄365スキー場へ行ってきました。
今年2度目のスノーボードです。
次男は勉強したいので行きませんとのことで、長男と二人で行くことになりました。

今週は温かかったので雪が融けてしまったようです。
事前に確認したところ第3ペアリフトしか動いていないとのことでしたが、この週末の雪で復活していればとの期待がありました。
出発は5時10分です。
道中は雪がパラつき気温も0℃や-1℃と激寒ですが、路面は凍っておりませんでした。
途中に道の駅 藤樹の里あどがわで休憩しましたが、道の駅の駐車場に積雪はありませんでした。
そのまま国道161号を北上し、国道8号、国道476号でさらに北上します。
国道476号に一部カーブの多い箇所がありますが、険しい峠道とまではいかないので少々の積雪があっても走行できます。
要所に散水融雪装置が設置されているので大雪の日でも走りやすいです。

昨年は国道476号から今庄365スキー場へ入ったところの唯一の難所にかなり積もってたのでタイヤチェーンを装着しましたが、
今年は散水により雪が全くない状態でした。
去年に比べて最後の難所での散水量が多くなっているように感じました。
最後の難所はかなりの急こう配ですので、積雪と凍結があればノーマルタイヤでは上れません。
降雪はありましたが、路面に全く雪が積もっていなかったので、ノーマルタイヤで楽勝で到着することができました。
駐車場に到着したのが8時10分でしたのでちょうど3時間でした。
前回のヨゴコーゲンリゾート☆ヤップが3時間半かかったことに比べて早く着きました。
京都東からの距離は
ヨゴコーゲンリゾート☆ヤップが106.4km  国道161号→国道303号→国道8号→国道365号ルート
今庄365スキー場が102.5km  国道161号→国道8号→国道476号ルート
ですが、前回は積雪が多く、途中で2度道の駅に立ち寄り、スプレー式チェーンを吹き付けたことで時間差が出たようです。
駐車場は3連休の中日というのにガラガラでした。

ノーマルタイヤでも行けましたが、大雪時は雪用タイヤが必要なこともあるので必ず携帯しておきましょう。
スプレー型チェーンはちょっと不安のある時に使えて、邪魔にもならないので携帯しやすいです。

タイヤチェーンはバイアスロンのクイックイージーがグリップ的にも安心で、かつ、装着しやすいのでおすすめです。

タイヤチェーンは装着時に外に出るのが億劫になりますが、車を停車させた状態で10分ほどで装着できます。

ゲレンデは昨日からの降雪によりほぼ真っ白な光景でしたが、うっすらと岩肌が見えていたり草がみえておりました。
リフトは前日と同様に第3ペアリフトしか動いておりませんでした。
190210imajo365.jpg
写真左側の第1ペアリフト付近も1面雪が積もっておりますが、人工雪を足さなければ難しいのか、リフトは停止しております。
第3リフトのセンターゲレンデのみ滑走可能です。
そのセンターゲレンデも全面ではなく1/3ほどの幅しか滑ることができません。
人工雪の上に新雪が10cm弱乗っかっている状態でした。
さすがにこれだけでは長男ももの足らず、4本目には飽きたと言い出しスマホを始める始末です。
1日リフト券を購入したのですが、元を取れるほど滑ることはできませんでした。
8時過ぎから11時前まで滑って上がることにしました。
2時間半で帰り支度をすることになりましたので、昼食は帰り道でとることにしました。
ヨゴコーゲンリゾート☆ヤップが全面滑走可だったので、今庄365スキー場は2月1週目までに行っておくべきと思いました。
早割りリフト券を購入済みでしたので、前回のヨゴコーゲンリゾート☆ヤップと逆にすればよかったと後悔です。

片づけを行い、11時過ぎに出発して、行きがけにも立ち寄った道の駅 藤樹の里あどがわで昼食としました。
今日の昼食は長男が鍋焼きうどんで私がスーパーカップです。
その他におにぎりを用意しておりました。
例のごとくステップワゴンの後部座席で湯沸かしを行います。
190210adogawalunch.jpg
  
車内で湯を沸かすときは換気のため窓を全開に開けております。
二人でステップワゴン1台は贅沢すぎます。
広々と昼食をとることができました。
ただ、スノーボードを車内のグリップバー上に置いているので、天井がやや低いところだけが少し気になりました。

グリップバーの上に3本のスノーボードを載せることができます。
4本目は載せたことありませんが、ステップワゴンRK1ではクロスさせれば荷室に2本積むことができます。
ただ、5本のスノーボードを積むとその他の荷物が荷室だけでは収まらなくなるので室内には4本が限界かと思われます。
5人以上の場合はキャリアを用意すべきです。

スノーボードの時は新型ステップワゴンの後部座席から出入りできる機能があれば便利と思います。

テンプレート変更後にブログアクセス数 ★構造化マークアップとレスポンシブが有効

0 Comments
kすけ
昨年末に構造化マークアップとレスポンシブ対応のテンプレートに変更し現在に至っております。
テンプレート変更後のアクセス状況を紹介します。
190206access.jpg
テンプレートは2回変更しており、1回目はSEO対策済みテンプレートで、2回目は現行の構造化マークアップとレスポンシブ対応の
テンプレートです。
結果は、SEO対策済みテンプレートで落ち込んでいたアクセス数がV字回復しており、2回目のテンプレート変更による変化は
お正月の落ち込み後、微増傾向となっております。
現在は200ユニークユーザー/日を超えております。
構造化マークアップ対応のテンプレートに変えてから、正月の落ち込みを挟むと150UU付近から200UU付近にアクセスアップ
したようにも見えます。

SEO対策済みと構造化マークアップ&レスポンシブ対応のテンプレートで大差ないように思えますが、
アフィリエイト成果に変化が出ております。
190203afi.jpg
レスポンシブテンプレートに好感した後の1月の成果勾配が急になっております。
これはレスポンシブの効果と思います。
アクセス状況を眺めているとスマホからのアクセスが多く、レスポンシブによりスマホユーザーへの熟読が増したものと思います。
記事を熟読してもらうことにより、記事内のアフィリエイト広告へのアクションが増えたと考えられます。
これまで2カラムにこだわっておりましたが、2カラム目の広告って効果がないのかもしれないと思います。

もう少し記事を量産したり対策することにより、アクセス数を伸ばすことにチャレンジしたいと思います。

エッソ、モービル、ゼネラルがENEOSに統一でENEOSカードを作る ★クレジットカードの使い分け

0 Comments
kすけ
ガソリンの給油はESSOのスピードパスで行っております。
スピードパスはキーホルダーで支払いできる便利なアイテムで、メール会員となることで2円引きになったりします。
長らくスピードパスを愛用していたので、エッソでガソリンを入れていたのですが、ENEOSに統合されてしまったようです。
看板はESSOからENEOSに変わりましたが、スピードパスは継続して利用でき、2円引きも継続です。
スピードパスのメール会員割引は店舗によって違うようです。
ENEOSに統一されたのですが、スピードパスを利用できるのは旧エッソのみのようです。

スピードパスが使える店舗とそうでない店舗が出てくることは面倒な面がありますが、メリットもあります。
エッソの時はシナジーカードのみ割引がありましたが、年会費負けすることがあったので利用しておりませんでした。
ENEOSの場合、ENEOSカードで給油すればガソリン代が割引になります。
ENEOSカードには3種類あり、C、P、Sに分けられ特典や条件が異なります。
ENEOSカードC…最大7円引き 月額利用料金による
            7円/L引き:7万円/月以上利用
            5円/L引き:5万円/月以上利用
            4円/L引き:2万円/月以上利用
            2円/L引き:1万円/月以上利用
            1円/L引き:1万円/月未満利用
            年会費:初年度無料、2年目以降1,250円
ENEOSカードP…3%ポイント還元
            年会費:初年度無料、2年目以降1,250円
ENEOSカードS…2円/L引き
            年会費:初年度無料、2年目以降1,250円
                  ただし、年1回以上のカード利用で次年度年会費が無料
ってことで、ガソリン利用量の少ない私の場合はENEOSカードSがお得と判断しました。
ENEOSカードSであれば年1回以上ガソリン給油すれば年会費は無料となります。
3枚目のクレジットカード作成で、用途に応じて使い分けます。

クレジットカードを作成するときはポイントサイトを経由するとお得です。
メインで使っているポイントサイトはCMでもおなじみのハピタスですが、クレジットカードは老巧GetMoney!がお得です。
ハピタスの経由では250円分のポイントバックですが、GetMoney!経由の場合は450円のポイントバックです。
お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
ネットを利用する際にはポイントサイトを経由することがお得です。
ポイント蓄積状況はこちらを参考にしてください。
ポイントサイトを経由することでクレジットカードの特典と合わせて2重に特典を得ることができます。

メインに使っているカードは1%キャッシュバックのP-oneカードです。
ETCはカード発行手数料が無料であるTRUEWAYカードです。


消費税10%対策でもクレジット払いは必須となっており、クレジットカードを使い分けることが必要です。
3枚目のクレジットカードを申し込みました。

ヨゴコーゲンリゾート☆ヤップ行ってきました。 ★ノーマルタイヤで行けるゲレンデ 大雪でフカフカ

0 Comments
kすけ
高校1年生の長男と中学1年生の次男を連れてヨゴコーゲンリゾート☆ヤップへ行ってきました。
嫁は自宅でお留守番です。
27日にかけて東日本から西日本の日本海側を中心に大雪との予報が出ていたので、出発は27日5時半としました。

我がステップワゴンRK1はノーマルタイヤでスプレー式タイヤチェーンとバイアスロンで対応してます。
ルートは名神で吹田から京都東まで高速道路に乗り、ゲレンデまで湖西道路と国道303号、国道8号、国道365の
無料ルートを選択しました。
路面の雪が多かったので、途中の道の駅妹子の郷とマキノ追坂峠でスプレーチェーンを2度吹きかけました。

スプレーすることで30km~40kmは雪道が走りやすくなります。
湖西道路から国道365号の途中までは散水融雪装置が付けられており冬用タイヤいらずです。
しかし、今日は雪が多く最後の5分くらいの上りは積雪の下が凍っておりタイヤが滑り出しました。
40km/h以上出そうと踏み込むとホイルスピンして、スピードメーターのみ上がり進みません。
後方が詰まってきておりましたが、仕方がないので40km/h走行を貫きました。
駐車場の料金徴収場所で停車した時点で動けなくなりましたが、ほぼ上り切っていたので少し下がって前進すると抜けました。
駐車場の中に入れば散水融雪装置が付いているので安心できます。
ただ、地面が水浸しなのでブーツがビチョビチョになります。
なんとか大雪の後でもタイヤチェーンなしのノーマルタイヤで行くことができました。

9時過ぎに到着し、さっそく着替えてゲレンデに向かいます。
ゲレンデは大雪のおかげで最高のコンディションでした。
フカフカの新雪も残っており、一本目はパウダーを楽しみました。
yogo190127.jpg
長男は昨年受験で2年ぶりのスノーボードでしたが、戸惑うことなく1本目から滑れておりました。
これに対して、昨年も滑っていた次男は運動神経が鈍いこともあり、1本目は勘が戻らず苦戦しておりました。
数本滑ると次男も勘を取り戻して調子が出てきたので、どんどん滑り出したのを見送って休憩に入りました。

昼食は例年通りカップ麺です。
車内で湯を沸かして節約です。
snowlunch190127.jpg
   
ステップワゴンの後部座席にちょうどいいサイズのテーブルは天板サイズ60センチx45センチがぴったりです。
足の長さもちょうどよく、3列目のシートと小さいキャンプ椅子を一つ用意して3人同時に食事できました。
4人でも前列をうまく使えば昼食とれると思います。
ゲレンデでの昼食代を浮かす節約術です。
お湯もすぐに沸きます。
ゲレンデの屋外でも湯を沸かすことができますが、車内で沸かすと早く沸きます。
念のため窓を開けてガスコンロ使ってます。

午後からもひたすら滑り続けました。
頂上からは余呉湖を見下ろすことができ良い眺めですよ。
yogoup190127.jpg
この景色を見ながら立小便しました。

次男が夢中で滑っており、長男と二人で15時をめどに片づけに入りましたが戻ってきません。
そんなことで現地出発は15時半となってしましました。
帰り道も行きと全く同じで湖西道路ですが、毎年、雄琴のあたりですごい渋滞になります。
今回はましでしたが、いつになったら片側2車線になるのでしょうか・・・
今年中には開通しそうにないので次年度に期待するしかありません。
ってなことで、自宅に到着したのは19時すぎでした。

ヨゴコーゲンリゾート☆ヤップは冬用タイヤでなくても行けますが、タイヤチェーンは持っていきましょう。



子供たちも大きくなってきてコミュニケーションが少なくなってきましたが、
スノーボードに出かけてコミュニケーションをとる機会を作っております。

3G終了を機に音声通話SIMからデータSIMへ変更 ★海外ROMはVoLTE非対応

0 Comments
kすけ
2020年に3Gが終了するとのことで、LTEと5Gに代わる準備が着々と進められております。
私のXperia Z3 Compactは海外ROMのD5803に焼き替えたので、VoLTE非対応となっております。
4G回線で音声通話できるVoLTEに非対応であるということは2020年で音声通話ができなくなるということになります。
実際にLTEのみに変更して通話してみると発信時に切れてしまい、
電話をかけてみると「電源が入っていないか電波の届かない場所にあるか」となり着信されません。
嫁のドコモROMであるXperia Z3 CompactではLTEのみにしても音声通話ができます。
スマホがVoLTE対応しているか確認するには、スマホの電話で
*#*#4636#*#*
と入力してテストの「携帯電話情報」をタップします。
lteonlychange.jpg
中段にある「優先ネットワークを設定」でLTE only に変更することでLTE通信のみに変わります。
この状態で電話操作できたらVoLTE対応です。
通話設定にVoLTEに関する設定があれば対応しております。

SO-02Gの海外ROMについては香港版のD5833でVoLTE対応しているとの情報がありましたが、これはandroid5.0の場合であり
android6.0にアップデートすると非対応になってしまいます。
その他ROMを探しまくりましたが、最終バージョンでVoLTEに対応させるにはrootをとったりしないと難しいようでした。
rootをとるとdocomoの修理対応を受けることができないので取りたくありません。

てなことで行き詰ってしまいました。
そこで思いついてのが音声通話をやめてしまうことでした。
シニア層の音声通話につていは先日の記事のとおり、音声通話を主要とするのでワイモバイルがお得と考えられますが、
自分は音声通話をほとんど使っていないことに気づきました。
これまで、縁遠くなった人からのTELに気を使って090の番号を維持してきておりましたが、たまにしか合わない人、
もう会わないであろう人とほぼ分別された状況であることが分かりました。
たまにしか合わない人は、LINE交換してあったり、メールでやり取りできます。
ってことで、音声通話をやめることにしました。
音声通話をやめても3G終了でアンテナピクト問題でバッテリーに負荷がかかることが懸念されました。
スマホのデータSIMによるアンテナピクト問題はSMS対応で回避できます。
また、認証したりする場合にも必要になります。
このSMSも3G終了で不通と思っておりましたが、VoLTEに対応できていなくてもメッセージ通信は4G対応できてました。
という訳で技適マークのないD5833を焼きましたが、技適マークのあるD5803に戻しました。
現在ではインバウンド対応として海外ROMのスマホを使えるように技適マークがなくても違法にならなく法改正されているようです。
この法改正は外国人と日本人を問わないとのことですが、念のため技適マークがでるD5803に戻してます。
かなり時間を費やしましたが、まわりまわって元通りです。

携帯の通信契約におけるネックは次の2つかと思います。
①キャリアメールアドレス
 キャリア変更により維持することができない。
②音声通話SIM
 キャリア変更時にMNP(ナンバーポータビリティ)による手数料が必要
これらをやめてしまえば何時でもよりお得な契約に変更することができるのです。

データ容量を複数でシェアするならOCNモバイルONE、単体で使うならmineoがお得と思います。
キャリアのメールについては縁を切ってgmail、yahooメール、Outlookメールに切り替えます。
音声通話をやめるのですが、電話をかけることができないのは不便なことも出てくるので電話番号は必要です。
そこで音声通話の代替として050電話を活用することにしました。
要はメールサービスと電話サービスを通信契約とは別物にしておくということです。

電話サービスについてはOCNモバイルONEの音声通話SIMでしたのでOCNの050Plusが利用できたのですが、
音声の遅延と通話音量で不快な面があり他の050電話を探しました。
050電話は基本料金が無料のものもあるのですが、品質差が出るので品質を重視しました。
基本料金といっても音声通話SIMの700円もかかりません。
こちらを参考
lteonlychange.jpg
lteonlychange.jpg
lteonlychange.jpg
Gコールが最も品質が良いとのことですが、月額料金が280円と高めです。
LaLaCallは長男のスマホに入れた時に好感をもっていたので、外出先での使用感を見てLaLaCallで様子をみることにしました。

LaLaCallは100円/月でeo光との併用で通話料金100円/月分が付いてきます。
通話料金は従量制で
 携帯…8円/30秒
 一般…8円/3分
 LaLaCall同士無料
になります。
lalacallmoshikomi.jpg

OCNモバイルONEの音声通話SIMからデータSIMへの変更はデータSIMカード追加後に音声通話SIMカードを解除します。
データSIMカードはSMS対応にしておきます。
-700円+120円+100円で-480円/月の通信費節約となります。
SMS対応データSIMがお得になります。

1,101円/月です。

3G終了に向けてガラケーからスマホへ ★シニアはワイモバイルのかんたんスマホがお得

0 Comments
kすけ
3G回線が2020年半ばに終了するとの噂を聞きました。
ガラケーを使っている人は機種交換に迫られます。
これを機にガラケーからスマホに切り替える良い機会かと思います。

シニア層の携帯活用はネットよりも通話の方が圧倒的に多いと思います。
ガラケーでは24時間かけ放題のサービスを利用されている方が大半ではないでしょうか。
3G終了によるスマホへの切り替えを促すキャンペーンや割引が多々出ておりますがどれがお得か非常に難しいです。
大手キャリアdocomo、au、softbankの料金プランは非常に複雑で、気が付けば月額料金が1万円に迫るなんてことがあります。
かといって安価なMVNOではスマホの操作に対するサポート面で不安があります。
そんな中、キャリア扱いのワイモバイル(Y!mobile)が中間的なサービスを出しておりますので紹介しておきます。
Y!mobaileは3大大手キャリアの格下と見られておりますが、キャリアで店舗もあります。
Softbankショップでの扱いも多く、店舗での対応も受けることができます。
格下と言いながら、MVNOの様に込み合った時間帯等に速度低下したりすることはありませんのでコスパが良い面があります。

シニア層には芦田愛菜ちゃんがCMしている「60歳以上ずーっと国内通話0円」がお得です。
60歳以上の方がY!mobileのスマホプランに加入することで、定額で国内通話が24時間無料となります。

インターネットは2GB高速通信で容量を超えると通信速度制限で128kbpsとなりますが、定額で通信し続けることができます。
通信容量を上げていくと割高になりますが、通話を重視しているシニア層は2GBで初めて見れば良いと思います。

ただし、すーっと国内通話0円には条件があり、新規にかんたんスマホを購入する必要があります。
月額費用は以下のとおりです。
Y!mobileのかんたんスマホでの月額は、機種代が24回分割 2,484円/月で、
新規やdocomo、au、MVNO、Y!mobileのPHSからの乗り換えの場合は1,620円/月×24カ月の割引となり、
1年目  :3,002円/月
2年目  :4,082円/月
3年目以降:3,218円/月
となります。
ソフトバンクやY!mobileの4G-Sプランからの乗り換えの場合は1,080円/月×24カ月の割引となり、
1年目  :3,542円/月
2年目  :4,662円/月
3年目以降:3,218円/月
となります。
Y!mobileの機種変更の場合は月額割引がなく
1年目  :4,662円/月
2年目  :4,662円/月
3年目以降:3,218円/月
となります。
機器購入費用があるので3年目以降で見ると、ガラケーで24時間かけ放題で使っている費用と大差ないのではないでしょうか。
Y!mobileのかんたんスマホで一度加入したら、永続的に24時間通話し放題となるので、
その後の機種変更時にはSIMフリーで安価なものを選ぶこともできます。

申し込み時のオプションには気を付けましょう。
デフォルトで「データ増量オプション 540円/月が最大25ヵ月間無料キャンペーン中!」にチェックが入っております。
25ヵ月後には絶対に忘れておりますので、やめておきましょう。
店舗で申し込むときには「故障安心パックプラス」も購入時しか入れませんよということで勧められます。
携帯電話を有償で修理したことありますか!
745円/月も支払っていたのでは結局高いお金を支払うことになります。
そのお金をスマホケースと液晶保護フィルムに回しましょう。
60歳以上同士の夫婦の場合は家族割引サービスで540円/月割引になります。
マンション住まいの方は自宅の回線をSoftbank光回線に変更することでさらに540円/月割引になります。