ウィルスセキュリティZERO(K7 Computing)の1IDで利用できる台数

0 Comments
kすけ
セキュリティソフトで安価で年会費が不要なソフトとして人気のあるウィルスセキュリティZEROが、年明け早々くらいでしょうか、1IDで3台のPCにインストールすることが可能になってました。
ウィルスセキュリティZEROのIDを21保有しているので63台のパソコンにインストールできると思ってました。
セキュリティソフトについてはウイルスバスターも導入しており、ウィルスバスター2006→2007で1IDで3台のパソコンにインストールできるようになっていたからです。
なお、VistaSP1やWinXP SP3でかなり致命的な不具合が生じていましたが、ウイルスバスター2008 1年版 SP1対応が登場しております。

現に3月くらいでしょうか、1IDで2台のパソコンへインストールすることができていました。
すっかり、1ID=3台と思いこんでおり、ID余ってますとの情報は配信していたところ、新しくPC導入したのでウィルスセキュリティZEROをインストールして欲しいとの依頼がありました。

早速、ウィルスセキュリティZEROのインストールを試みたのですが、インストール後のID認証ができません。
インストール可能なPCの台数が超えておりますって・・・
ちなみに、購入したIDは2007年に購入したもので、その当時は1ID1台でした。
まだ2台しかインストールしてないので可能なはずと思い、エントリーページでエントリー済みPCを確認してみましたが、パソコン1、パソコン2となっておりました。
エントリーPCを一つ削除すれば入るかと思ったら、同様に可能な台数を超えているとのことです。
さらにもう一台のエントリーPCを削除したところ、新規PCのエントリーが完了しました。

翌日、削除した2台のPC利用者より、ウィルスセキュリティZEROのアップデートができなくなったとの通報が寄せられました。

2008年6月より1IDで3台まで利用可能なバージョンとして発売しているようで、旧IDで複数のPCにインストールできなくしていっているようです。
要は、1IDで1台のパソコンしか利用できない時期に購入したIDは1台しかエントリーできないようで、6月から可能なエントリー台数を超えている方には連絡していきます。とのことです。
それは、K7 Computingのミスじゃないですかねぇ。
ID管理がちょっとずさんですね。
6月までに旧IDで複数PCにインストールしたものは、まだ利用できております。
エントリーオーバーには連絡するとのことですので、もう少し様子見です。

ウィルスバスターの場合は、1ID3台として固定客を確保しておいても毎年年会費を払うので収入がありますが、K7 ComputingのウィルスセキュリティZEROの場合は購入時に払いっきりなので、サービスに対する旨味が無いことに後からお気づきになられたのでしょう。
ちょっとお馬鹿さんですね。

安いだけに細かな不手際はありますね。
ややこしいですが、コストを抑えるためなので仕方ありません。
ソースネクスト
スポンサーサイト



kすけ
Posted bykすけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply