中華ゴリラタンクのディカール張付け ★ディカールをそのまま貼って大失敗

1 Comments
kすけ
先日購入したエアープレーンキャップ対応タンクにディカールを貼り付けました。
ゴリラのディカールは現行通りのグレーに黒枠のもので、純正が入手できなかったのでミニモト製を入手しました。

minimotoでも中国製なので枠の曲線部がちょっと雑です。
現行タンクもminimoto製なので特に気にならないレベルの雑さです。

ディカールを貼り付けるのにまずシリコンオフで油脂を取り除きます
decal1.jpg
マスキングテープでディカールの位置出しを行って狙いを定めます。
decal2.jpg
左下を左から4cm、下から3.5cmほどにしました。
位置決めに悩みましたが目分量で良さそうです。
左右のディカールが少々ずれていても左右同時に見ることはできないので左右それぞれで収まればOKです。

狙いを定めたので一気にディカールのセパレーターを剥がしてタンク本体に貼り付けたところ大失敗しました。
decalfailure.jpg
気泡だらけで隅にしわが寄りました。
最悪の結果です。
これだけ大きなシールをそのまま貼り付けるとこのような惨劇になります。

ディカールを貼る際には洗剤を溶かした水を吹きかけてドライヤーで乾かしながら貼り付けるようです。
ドライヤーは用意していたのですが、ディカールが伸びるだけでうまく貼り付けられませんでした。

気を取り直して200mlに中性洗剤を2,3滴たらした霧吹きゴムベラを用意して左面を貼り付けました。
指で押さえればOKとの記事もありましたが、失敗時に指では太刀打ちできなかったのでゴムベラを用意しました。

位置出しはこんな感じです。
decal3.jpg
霧吹きを使うとディカールは自在に動くので、ディカールの上部をテープで止めておくと非常に貼りやすかったです。

ディカールのセパレーターをめくってタンク本体とディカール粘着面に霧吹きします。
decal4.jpg
かなりべちゃべちゃになるほど霧吹きしました。

位置を合わせながらドライヤーをあてながら中央部からゴムベラで押し当てていくと空気が抜けて水分が乾くと接着します。
decal5.jpg
ほぼ気泡なしで仕上げることができました。
ディカールの隅も段差ができるほどのしわはなくきれいに仕上がりました。
右面の失敗と比べると感動的な出来栄えです。

同じディカールを調達して来週右面を完成させる予定です。
簡単な作業でも失敗が多くてなかなか進みません。
スポンサーサイト



kすけ
Posted bykすけ

Comments 1

There are no comments yet.
大魔神  

きれいに貼れて良かったです。右側も頑張ってください。

2022/11/30 (Wed) 23:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply