チェンジペダルの固定部が割れてギアチェンジ不能 ★アルミ鍛造チェンジペダル購入

0 Comments
kすけ
中華ゴリラに乗っていたらギアチェンジできなくなりました。
はじめはシフトアップできなくなって2速で走ってたら、そのうちにシフトダウンもできなくなりました。
チェンジペダルを見てみたTら根元がグラグラになってました。
固定部が割れてます。
changepedalcrack.jpg

チェンジペダルはペダルが外側に来るようにミニモトのギャシフターアルミ長さ可変タイプNO1728に交換してました。
ジェネレーターケースに干渉したこともあり、取付時に根元まで押し込まずに半分程度しか差し込まずに固定してました。
giashifter2.jpg
8年前に交換した時
の写真です。
固定部の差し込みが浅かったので固定部に異常な負荷がかかり続けていたために割れたようです。
そのおかげでかなりペダルがかなり外側に振られてチェンジしやすかったのですが残念です。

中華製より少しでも外側に振れるチェンジペダルを物色してたら、TAKEGAWAのアルミ鍛造チェンジペダルがありました。

若干外側に向いてそうでしたが、基部の割れ再発を恐れて奥まで差し込んだので中華製とほぼ変わらない結果になりました。
takegawachangepedal1.jpg
少し残念でしたが見栄えは気に入りました。
アルミ鍛造なので非常に軽いです。
おそらく丈夫だと思います。

TAKEGAWAのアルミ鍛造チェンジペダルは取り付ける際にボルトを完全に抜かないと差し込むことができません。
takegawachangepedal2.jpg
細かい部品ですけど中華純正より上品で気に入りました。
スポンサーサイト



kすけ
Posted bykすけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply