サティスGのスマートリモコン設定 ◆Bluetooth接続でスマートウォッチに接続してたらつながらない。

0 Comments
kすけ
トイレのリフォームで1FのトイレをLIXILのサティスGに変えました。
主目的は泡クッション導入で立小便の飛び跳ね防止でしたがスマートリモコン対応でしたので設定してみました。
2FのアラウーノはWi-Fi接続でスマホのアプリでウォシュレットの設定ができますが、サティスGはBluetooth接続です。
設定はサティスGとスマホをBluetoothでペアリングするだけなので簡単なはずです。

サティスGのBluetoothペアリングはトイレのフタを開きます。
本体のボタンで[自動洗浄]と[分]を同時に2秒以上押すとサティスGがペアリング待ち受けになります。
satisgbluetooth.jpg
1分以内に手元のスマホでBluetoothのペアリング設定を行います。

サティスGと接続できるアプリはMy SATIS 2 になります。
My SATIS 2をインストールして初期設定を行います。
設定方法はこちらを参照してください。

初期設定が完了すると、My SATIS 2 を起動してBluetoothで接続するとスマートリモコンになります。
普通のBluetoothは圏内に入ったら自動接続されますが、My SATIS 2 は手動接続のため毎度ボタンを押す必要があります。
mysatis2.jpg
するとこんな画面が毎度出てきます。
mysatis2bluetooth.jpg
しかも2回も聞いてきますのでタップする回数としては5回ほどになります。
トイレをもよおしているときにこの操作はかなり面倒です。
ただ、スマートリモコンが使えたら自分好みのウォシュレット設定を記憶させることができたり便利です。
Bluetooth接続なのでGoogle Homeなどとの連携もむつかしい状況です。

はじめて設定したとき、ペアリング後にアプリでBluetooth接続ができませんでした。
原因はスマホとスマートウォッチを先に接続していたからでした。
スマートウォッチの接続を外すことでサティスGとの接続が完了しました。
(AQUOS sense4 lite の場合に生じた事象)

設定はしてみたもののこの状況ではスマートリモコンを使う機会は少なそうです。

LIXILの開発担当者様、Bluetoothの接続の改良を求めます。
Wi-Fiを用いた接続にしてGoogle Homeとの連動などもできたら面白そうです。
スポンサーサイト



kすけ
Posted bykすけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply