宅内LAN配線 - 子供部屋2部屋に壁埋込型モジュラージャックの設置 - ★屋根裏配線で有線LAN

0 Comments
kすけ
2Fの子供部屋2部屋に有線LANを配置することにしました。
長男がデスクトップPCを持ったことがきっかけです。
ノートPCの場合はWi-Fiが便利で必須ですが、デスクトップについては有線LANが有効です。
宅内LAN配線については10年前に着手しており、2F寝室のゲートウェイから1F台所の床下の自宅サーバーまで配線してます。
台所の床下の自宅サーバーからリビングのテレビボードまで床下配線済みです。
2Fから1Fへの配線については拡張を考慮してユニットバス天井でジョイントしておりました。
ってことで、今回の宅内配線はユニットバス横のユーティリティ天井にスイッチングハブを設置することにしました。

2F子供部屋からの配線は1Fユーティリティ天井までとなります。
ただ、1F天井と2F床下の間に配線できないので、今回も一旦2F壁から屋根裏に上げてからユニットバス天井に下ろします。
ユニットバス天井にはテレビアンテナが集約されており、ケーブルテレビのユニット用コンセントがあります。
したがって、今回の作業はLANケーブルの配線のみとなります。
用意したものは埋込型モジュラジャックとLANケーブルです。

埋込型モジュラージャックの結線用工具があれば簡単に結線できます。

埋込コンセントは3連セットではなく単体で組み合わせます。
 
埋込型コンセントは2個ずつ4個、取付枠は2個購入しました。

実際の作業状況を少し紹介します。
子供部屋の壁コンセントをばらして屋根裏からLANケーブルを通します。
lanwallwiring1.jpg
反対側はユニットバスへ下ろしてます。
屋根裏作業が暑くて写真撮る余裕がありませんでした。
まだ大丈夫かと思ってましたが屋根裏作業は冬に行った方がいいです。

埋込型モジュラージャックの結線を行います。
埋込型モジュラージャックに配線の色見本が2つ記載されております。
lanwallwiring2.jpg
エレコムのLANケーブルはオレンジ系が端っこにあったのでBの色に結線してみました。
(ほかに調べ方あるでしょうが面倒だったので適当に繋いでみた)
壁に埋め込む前に疎通確認して繋がったので問題ありません。

モジュラージャックの結線は外皮を剥いて中芯を切断します。
撚線をほどいてBの配色に配置していきます。
lanwallwiring3.jpg
モジュラージャック用結線工具で上から押し込むだけで結線できます。
非常に簡単です。

上二つをコンセントとして下段にモジュラージャックを設置しました。
裏あてプレートを片側だけ止めて壁に設置します。
lanwallwiring4.jpg
この壁に設置する作業が一番面倒です。

子供部屋の壁コンセントはこんな感じに仕上がりました。
lanwallwiring5.jpg
写真撮影が傾いていたのかと思いましたが、巾木を見ると水平なのでコンセントが少し傾いて固定されてます。
穴あけが下手くそだったのね。

配線と壁コンセントが完成したら1Fユーティリティ天井にスイッチングハブを設置して完了です。
面白そうだったのでL2スイッチを購入してみたのですが今のところ使いこなせておりません。
ユニットバス上にテレビアンテナが集約されており、そこにLANケーブルを4本配線したのでグチャグチャしてます。
全く見えないところだし、これ以上の拡張はないのでグチャグチャなままポン置きしました。
lanwallwiring6.jpg
これで和室以外の各部屋に有線LANを配備することができました。
スポンサーサイト



kすけ
Posted bykすけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply