AQUOS sense4 lite でデュアルSIM(DSDV)設定 ★楽天モバイル1GB未満と通話無制限を無料+OCNモバイルONEの合わせ技 月額0円+770円

2 Comments
kすけ
楽天モバイルで購入したAQUOS sense4 liteでデュアルSIM(DSDV)の設定を行いました。
現在、楽天モバイルでは1GB未満は月額無料になります。
さらに、Rakuten Linkを使えば通話が無制限に無料でもあります。

月1GBでは少し不足していること、楽天モバイルの通信品質にまだ不安があることからDSDVが有効と考えました。
楽天モバイルと併用するのは以前から使っているOCNモバイルONEです。
 
1GBの音声通話SIMが月770円は最安に近いと見ております。
また、楽天モバイルが1GB未満無料サービスを終了する可能性もありますので、本命番号はOCNモバイルONEにしてます。
Rakuten Linkは発信者番号非通知で発信専用として使います。
OCNモバイルONEの番号を受信用番号として相手に通知して運用します。

AQUOS sense4 liteはSIMカードが1枚しか入りませんが、同時にeSIMに対応しているのでSIMのデュアル化が可能です。

DSDVなのでVoLTEで2回線同時待ち受けとなります。
3G回線サービスが終了しても利用可能です。


デュアルSIMの設定内容を紹介します。
①SIMカードセット
  片方をeSIMとしておいてSIMカードを挿入

②通信設定画面
  [設定]→[ネットワークとインターネット]をタップ
  dsdvsetting2.jpg
 NTT DOCOMOとあるのがOCNモバイルONEです。
 MVNOの場合は借りている通信事業者名が表示されます。

③APN設定
  SIMカードの通信をタップして[詳細設定]→[アクセスポイント名]をタップしSIMカードに応じたAPN情報を設定
  dsdvsetting3.jpg
 モバイルデータ通信は用いる回線を選択する必要があります。
 自動的に使い分けてはくれません。
 通話とSMSの待ち受けは同時に可能で、発信に用いる回線のデフォルト設定を行います。

④楽天モバイルの通信制限を1GB未満に設定しておく
  Rakutenをタップして[詳細設定]→[データ使用量の警告と制限]をタップ
  dsdvsetting4.jpg
 通信制限を950MBに設定。計測誤差により超過を防ぐため5%余裕に設定しておく。
 これで楽天モバイルの通信量が1GBを超えることはなくなるので確実に月額0円となるはずです。

設定後の画面です。
dsdvsetting1.jpg
アンテナピクトが2つ表示されてます。
楽天モバイルの方がdocomoのOCNモバイルONEより感度が低い状況です。

月額770円で2GB使えて通話し放題であればかなりお得と思います。
ただ、設定した通信制限後にモバイルデータ通信の設定SIMカードを切り替える手間が月2回必要になります。
まぁ大したことではないのでこの方法で運用してみます。

DSDVで気になるのは消費電力への影響です。
AQUOS sense4 liteのバッテリー持ちは驚異の5日持ちです。(あまり使わないときで6日)

次はDSDV化によるバッテリー持ちについて紹介したいと思ます。


スポンサーサイト



kすけ
Posted bykすけ

Comments 2

There are no comments yet.
通りすがり  

lightって書いてる時点でダメだな

2022/05/16 (Mon) 17:49 | EDIT | REPLY |   
管理人  
通りすがり さんへ

ご指摘ありがとうございます。
購入時はliteって記述してたみたいだけど、いつの間にかlightと思い込んでいました。
ご指摘通りlight→liteに修正しました。
お恥ずかしいです。

2022/05/17 (Tue) 00:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply