マスクとアルコール消毒液の購入 - マスクとアルコール消毒液の転売規制解除 -

1 Comments
kすけ
最近、マスクやアルコール消毒液の販売価格がかなり低下してきており、一時入手困難であったものが購入しやすくなってます。
コロナ禍でマスクやアルコール消毒液の転売目的の買い占めが生じて価格が高騰しておりました。
これを受けて国は「国民生活安定緊急措置法施行令の一部を改正する政令」を策定して転売を禁止しておりました。
マスクは令和2年3月15日より、アルコール分60%以上のアルコール消毒液が令和2年5月26日から禁止になっておりました。

マスクに関しては洗濯可能で繰り返し使える布マスクが不評で長らくアベノマスクと揶揄されてました。
そんな中で、先日のさらに第2弾配布が発覚したことを受けて非難が殺到したことを受けてアベノマスク配布が延期され、
これに合わせてマスクとアルコール消毒液の転売禁止の解除が決定されてしまいました。
この転売禁止解除は8月中に解除される予定で調整されているようです。

何故不評だったアベノマスクを追加で発注したのかを考えてみると、緊急施策としてアベノマスクで予算をとったものの
受ける業者がいなかったので単価の安い業者が受注することになり、予算が余ったからだと見られます。
その余った予算で追加のアベノマスクを発注したと思われますが、マスコミが煽ったこともあり非難が殺到したということです。
安倍首相は配布延期決定の翌日にアベノマスクを付けるのをやめてしまったので相当気分を害しているように思います。
で、非難の内容が使い捨てマスクを容易に購入することができるという理由だったことから
転売禁止が解除になることになったものと推察されます。

アベノマスクよりもっと必要なことにお金を使えって非難が多かったように思います。
しかし、アベノマスクを購入するという名目の予算が余ったからといって別のものに使うことって容易なのか疑問です。
柔軟性がないと言われがちですが実際に要求した予算を余らしたらどうなるのかって想像すると難しそうです。
マスコミが安倍政権を非難しすぎだと思います。

このような経緯から転売禁止が解除されることを受けてマスクやアルコール消毒液の買い占めが起こる可能性が出てきました。
ということで我が家でも備蓄をしておくことにしました。


 
スポンサーサイト



kすけ
Posted bykすけ

Comments 1

There are no comments yet.
荒野鷹虎  
kすけさんへ!!

お早うございます。!
いつも精力的な記事感銘いたします。!
最近の安倍政権は首相の支持率低下を受けて政策が雑になり
マスコミや野党の批判にあえばすぐ変更されるという体たらくな政権となりましたね。汗)
アベノマスクも配布が極めて遅く小さいので私は在庫がありましたのでいまだに使っていません。笑い)
将棋の藤井棋聖は絹製の一枚2000円もする高級なマスクを使っているようですが、木綿や不織布では小さな飛沫を避けられないということらしいです。
今回の施設への配布が不人気だったことは上記の理由があったと思います。しかし今後はいくらあってもよい情勢になり買い占めが起こりうる解除は辞めてあくまで備蓄に回すべきと思います。!

2020/08/03 (Mon) 08:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply