RCCMの合否通知票が届く ★祝!道路部門合格 - シビルコンサルティングマネージャ -

0 Comments
kすけ
本日、ポストにJCCAからハガキが届いておりました。
11月に受験していたRCCMの合否通知票です。
RCCMの合格発表は例年3月1日だったので、今年は日曜日明けの3月2日にあるのかと思っておりました。
JCCAのHPには2月28日に合格発表が出ていたみたいです。

不意打ちに合否通知票が届いたので、はがきをめくるのにドキドキしました。
結果は合格です。
2019rccmpass.jpg
合否通知票は例のごとくそっけないものです。

今回の合格率は全体で41.9%でした。
道路部門においては最も受験者数が多く、36.3%と電気電子、土質及び基礎、建設情報に次ぐ合格率でした。
30%台なので容易にパスできる資格ですね。
2019rccmpassrate.jpg

昨年はまさかの不合格で、今年リベンジを果たすことができました。
容易にパスできる試験ですが侮っていてはいけません。
問題I 経験業務は部門を十分に意識した内容にしておかないと危険です。
その他の問題は非常に簡単です。
問題III 管理技術力問題に悩まれる方が多いようですが、題意に沿って原稿を埋められれば簡単な内容で大丈夫です。
技術士の問題Iと似た内容ですが、RCCMと同じ感覚で技術士試験の問題を回答してもB評価でした。
RCCMでは難しいことを書く必要はないようです。

本来ならトンネルを受験してみたかったのですが、経験業務のリスクが道路よりさらに高くなるので今回でRCCMは卒業します。
RCCMは建設環境部門建設情報部門、道路部門の3部門どまりです。
コンサル系の試験は来年度から技術士1本となります。

スポンサーサイト



kすけ
Posted bykすけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply