高鷲スノーパークで初すべり

0 Comments
kすけ
高校2年生の長男と2人で高鷲スノーパークへ行ってきました。
今年は超暖冬で雪が少ないこと、高校生が満足できるゲレンデということで西日本最大級のゲレンデを選びました。
家を出発したのは5時です。
ルートは名神吹田~高鷲を選びました。
片道300kmの長距離運転ですが、ほぼ渋滞なく到着することができました。
ただ、高鷲で降りてから渋滞がありましたので、まっすぐ直線に進むのではなく左折して国道156号に迂回しました。
国道156号のT字路交差点の信号を先頭に渋滞してました。
高鷲スノーパークに入って駐車場に到達するまでもかなり渋滞しており、9時に到着したのではかなり混んでいて
入口から30分ほど要してゲレンデまでかなり遠い場所に駐車することになりました。

高速下車してから高鷲スノーパークの駐車場までの上り坂は積雪時にノーマルタイヤで上ることはできません。
チェーンだけではかなり不安でしたので、今回はスタッドレスタイヤをレンタルしました。
スタッドレスタイヤのレンタルは石吉タイヤで7泊8日が11,000円(税込み)+1日延長1,100円(税込み)にて準備しました。
事前にスタッドレスタイヤレンタルを予約しておき、前日にTELすることで申込が確定します。
タイヤ交換に時間予約はなく直接店舗に行きます。
前日の土曜日(土曜は隔週なので注意)にタイヤ交換しましたが、5分待ちで交換してもらえました。
タイヤ交換作業は20分程度でした。
折角スタッドレスタイヤを用意したところで残念という感じでしたが、この暖冬の影響でスタッドレスタイヤは不要でした。
ただ、当日の状況が読めないので高鷲近辺に行く際にはスタッドレスタイヤは必須かと思います。
スタッドレスタイヤを装着していてもタイヤチェーンは備えておく必要があります。
タイヤチェーンはバイアスロンのクイックイージーがおすすめです。


高鷲スノーパークはダイナランドとリフト券が共通となっており4,900円もします。
リフト券は早割チケットを3,300円で購入して節約しました。
早割チケットは京セラドームのスノータウンでの購入がお得です。
リフト券購入の際に得利用できるポイントサイトはないようですので、直接店舗へ買いに行きました。

ゲレンデは何とか全面滑走可能な状況でした。
takasu20200209.jpg
今回の寒波で幾分積雪があったようで、天然雪を圧接した状態でコンディションはかなり良かったです。
ところが、ビンディングをはめようとしたとき、左側の固定バンドが切れかかっている事に気づきました。
切れないように滑り降りてみたのですが、中腹当たりでビンディングのバンドが切れてしまいました。
リフトで下ろしてもらえるよう頼みますが受け入れられず、徒歩にて下りる羽目になしました。
15年ほど前のビンディングでBURTON Customですが、さすがに老朽化によりバンドのゴム部が朽ちておりました。
高鷲スノーパークにはスノーボードのチューニング・修理対応できるWINTER501というお店があるので助かりました。
左右両足のビンディングバンドを8,000円で交換してもらいました。
このトラブルと同時に長男もビンディングバンドのネジが飛ぶトラブルに見舞われておりました。
二人そろって修理です。
ゲレンデ内での支払いにPayPayが使えたので便利でした。
PayPay_IOS   PayPay_Android
そんなトラブルもあり午前中に1回しかゴンドラ乗れませんでした。

ゲレンデはかなり混雑しており、ゴンドラ待ち時間は20分程度でした。
時間がなかったので昼食抜きで午後からかんばりました。
ごごから4回ゴンドラ乗ることができました。
最長4kmもあるので長男も飽きることなく楽しむことができました。
スポンサーサイト



kすけ
Posted bykすけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply