Lenovo Yoga2 11のタッチパッド交換

0 Comments
kすけ
タッチパッドの反応不良とのことでジャンクで購入したLenovo Yoga2 11のタッチパッドを交換しました。
ジャンクとされたタッチパッドの反応不良は左右クリックの感度です。
かなり押し込まないと反応しないのです。
特に右クリックが鈍く不便でした。(左クリックはタッチで対応可能)

タッチパッドはAliExpressで見つけました。
AliExpress.com Product - 95% New Original Touchpad for Lenovo Yoga 2 Pro 13" Laptop Trackpad Click Board with Screw TM2132これはLenovo Yoga2 13用のもので、購入してみましたが、Yoga2 11にはつきませんでした。

Lenovoの部品はAliExpressが豊富で安価に入手することができます。

13も11も同じ大きさのタッチパッドなのでどちらでも行けると思いましたが固定金具の形状が異なっておりダメでした。
ダメなことに気づいて再検索するとYoga2 11用のタッチパッドを見つけることができました。
今日はYoga2 11用のタッチパッドが出品されておりませんでした。
AliExpressでの購入は10日~20日かかるので気長に待つ必要があります。
yoga2_11touchpad1.jpg
右側のタッチパッドが入手したものです。
本体は黒ベースですが、黒のタッチパッドがなくてシルバーのタッチパッドです。

タッチパッドの交換には本体をばらす必要があり、トルクスという星形のネジを外す必要があります。
Lenovo Yoga2 11の背面にある星形のネジをすべて外してカバーを外します。
バッテリーのネジを外して、バッテリーの下にあるタッチパッドを交換します。
yoga2_11touchpad2.jpg
写真に写っているタッチパッドはYoga2 13用なのでフィルムコードの形状が異なっております。
フィルムコード以外に金具のピッチが少し異なっており取り付けることができませんでした。
バッテリーのコードコネクタを外すのが怖かったので、バッテリーを上側に折り返しております。

タッチパッドのフィルムコードコネクタの固定を解除して外します。
yoga2_11touchpad4.jpg
フィルムコードは固定具を精密ドライバではね上げて解除します。
このフィルムコードの扱いはたいして難しくありませんでした。
フィルムコードの差し込みはカチッとなるまで差し込まないとタッチパッドの反応が異常に鈍くなります。

その他のネジ類も精密ドライバで簡単に外すことができます。
バッテリー回りのWi-Fiアンテナコードの収納が面倒ですが、散らかったままでも閉じることができます。

交換後の姿です。
yoga2_11touchpad3.jpg
黒のほうがいいですね。
少しかっこ悪くなりました。

交換できたと思い電源を入れてみたところ、ジェスチャーがききません。
タッチパッドのジェスチャーの便利さを知ってしまった後にジェスチャーを取り上げられたらつらいです。
ジェスチャーとは二本指でスライドすることで左右スクロールできたりする拡張機能です。
この問題はタッチパッドのドライバにありました。
Lenovo Yoga2 11にはHaswellとBay Trail-Mの2種類あるようで、元々付いていたタッチパッドはHaswellだったようです。
Bay Trail-Mのタッチパッドドライバをインストールすることでジェスチャーも使えるようになりました。

新しいタッチパッドに交換することで左右クリックも普通に使えるようになりました。
見た目は落ちましたが、全ての機能が普通に使えるようになりジャンクを回避できました。
スポンサーサイト
kすけ
Posted bykすけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply