建設部門の技術士第一次試験受けてきました。 - 回答紹介 -

0 Comments
kすけ
平成29年度の技術士第一次試験を受験してきました。
部門は建設部門です。
試験は次の3時間でした。
1時間目・・・適正科目 1時間
2時間目・・・専門科目 2時間
3時間目・・・基礎科目 1時間

この年になって一次試験を受けるとあって、若者に囲まれるのかと覚悟してましたが、1/3ほどはおっさんで安心しました。
最近の若者はJABEEの認定プログラムを受けてる場合が多いので、技術士第一次試験を免除される子が多いかもしれません。

1時間目と2時間目はすらすらと回答できたのですが、3時間目の基礎科目で計算問題を選択したこともあり、
3群が終わった時点で残り10分となり時間切れで科学と環境はほとんど問題を読むことができませんでした。
基礎科目は実質3/5しか回答できませんでした。(マークはすべてしたけど)

私の回答を紹介します。
答え1としたのは答え合わせ掲示板より得た情報で多数決としております。
gijyutsushi1a1.jpg

回答は私がマークした番号になります。
ラッキー問題と思った基礎科目のI-2-6は単純ミスで計算時にギガの桁数を間違えました。
適正科目のII-10は営業秘密が知的財産に含まれることと、
専門科目のIII-35は環境影響評価書をインターネットで公表することが義務づけられていることを知らなかったことが印象的で、
この2件については忘れないと思います。
私の専門である建設環境において、試験対策時からどちらか1問間違えておりましたが、本番でも間違ってしまいました。

簡単にできたと思ってた適正科目の正解率が低いです。
3問思い違いがあれば不合格です。
合格ラインが50%以上の正解で容易に思いますが、15問中の50%と荒いので、ちょっとしたミスが怖いですね。
専門科目は25問あるので、少々思い違いがあっても大丈夫です。

答え合わせの傾向から、今のところ合格の見通しですが、この状況では自信満々ではありません。

正式な正解は10月16日に公表されるそうですので、答え2として正式な答え合わせをしようと思っております。
はらはらドキドキです。
 
スポンサーサイト
kすけ
Posted bykすけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply