高額な水道管修理費用 - 気をつけよう補修工事 - あやしい業者に引っかからないように!!

0 Comments
kすけ
先日、床下で水道管から水漏れをしていたことを紹介しました。
その補修工事をインターネットで調べて水道救急センターに依頼しました。
水道救急センターは水漏れ修理水道屋さん比較隊でNo1とお勧めされておりました。

申込は非常に簡単で、メールで予約すると翌日に現場に駆けつけてくれました。
ここまでは良かったのですが、修理費用がからり高くつきました。
・基本料金・・・1式5,000円
・既存給湯管撤去・・・1式28,000円
・新規ポリ管入れ替え・一部給湯管溶接・廃棄・・・1mあたり32,000円×3m=96,000円
水漏れは銅管にピンホール(小さな穴)があいており、そこからちょろちょろと水が漏れておりました。
施工内容は銅管からポリ管への交換で、交換長さは3mです。
この補修内容で合計126,000円でした。

内訳をよく見ると、撤去1式28,000円やポリ管入れ替えが1m32,000円ってところがちょっと異様に思えます。
交換部品であるポリ管の型番が明記されていないところも怪しいです。

おかしな内訳を見せられているにもかかわらず、簡単にサインしてしまったのは理由があります。
まず、調査点検直後に銅管に穴が開いてるということで「うわ~大変大変」とオーバーリアクションされ、
高くつきますけどといった感じでふっかけられておりました。
今はピンホールなのでじわじわとしか漏れていないが、
何時破裂して水が噴き出すかはかからないよと言われすぐに補修するよう誘導もされておりました。

おおごとで高額な補修費用といわれて50万程するのかと思いました。
嫁なんか100万程かかるのかと思ったといっておりました。

そのような感覚で12万や13万といわれたら、じゃぁすぐやってちょうだいって感じになってしまいました。

作業は2人で3時間ほどで済みました。
一人は口だけで作業はほぼ一人でやってました。
夕方から始めたのですが、撤去費用も高すぎますよね。
ってなことをすべて終わって一息ついた頃に感じました。

まず、なぜ水道救急センターに依頼したのかというところから思い出します。
水漏れ修理水道屋さん比較隊で紹介されていたこともあるのですが、アフィリエイト経由で依頼することで報酬があったことです。
アフィリエイトではかなり高額な報酬設定となっておりました。
具体的な報酬金額は明示できないので、A8.netで確認してください。
さらに、Tポイント2倍キャンペーンを行っておりました。(0.5%→1%)

水道救急センターについて、少し調べてみました。
会社名は株式会社ライフサポートで本社は東京で仙台支店と大阪支店があり、水道局指定工務店に登録しております。
今回は大阪支店への依頼となりますので調べてみたところ、大阪市の水道局に登録しておりました。
我が家の堺市では登録してないようでした。

ここで1点怪しいことがありました。
それは、現地に来た担当者です。
担当者は株式会社ライフサポート水道救急センターと書かれた名刺を出していたのですが、大阪支店の住所がおかしい。
株式会社ライフサポートのホームページや大阪市の水道局指定工務店一覧にある株式会社ライフサポート大阪支店の住所が
大阪府大阪市中央区北浜2-6-11 北浜エクセルビル5Fであるのに対して、阿倍野区のマンションとなっていたのです。
作業をしていたのは株式会社ライフサポートの人間では無かったのか・・・

ひょっとして株式会社ライフサポートは電話やメールの窓口業務だけ行って、
現地対応は一匹狼の一人親方に下請けしてるのかもしれません。
完全歩合制ですから、現地での売上が現地担当者の所得を左右するような仕組みになっていることが想像できます。
契約を取ったものがちということで、ふっかけては少しでも単価の高い仕事にしているのが現状のように思えます。

しかし、詐欺で訴えられるほどの金額はふっかけてないところが現地担当者のうまいところですね!
後から異議申し立てすれば、適正価格で精算ということもありそうですが、その手間等を考えると腰が重たい案件です。

今回の反省点は緊急事態でも無い補修工事を一見でいきなり依頼したことです。
補修の場合、必ず行う必要があるので、現地で高額な費用をふっかけられやすいのだと思います。
安心できる業者が無い場合は見積もり合わせを行うべきでした。

水道救急センターでも見積もり無料と謳っております。
見積もり後、すぐに契約を求められると思いますが、複数の見積もり依頼を先に済ませておくことで対応できると思います。
とりあえず見積もりを取ってから決めると事前にはっきり言っておけば現地でももめないと思います。

世の中、騙された方が負けですね!
犬の遠吠えのようにだらだらと書いてしまいました。

次は16年使用している給湯器が危険な感じです。
壊れる前に交換してくおくべきかなぁ。
スポンサーサイト
kすけ
Posted bykすけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply