弱者のネット活用術
パソコンを用いたお得なネット活用方法を中心とした情報を配信します。
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Lenovo Yoga2 11のSSD化 - コネクタ接続に注意 -
先月入手したLenovo Yoga2 11をSSD化しました。
Lenovo Yoga2 11はSSHDが付いており、HDDをSSDが補助することで光束アクセスを実現するとされております。
しかし、実際のところは大したことなく、遅いです。
そこで、ThinkPad X201Tで使っていたSSDを流用することにしました。

Lenovo Yoga2 11はSSHD装着ですが接続コネクタも特殊なSFF-8784端子であり、SATAのSSDをぽん付けで交換できません。
yoga2_11ssd1.jpg
SATA用のコネクタが必要になります。
型番はDC02C004Q00になります。
AliExpressの方が安いです。
AliExpress.com Product - NEW Laptop HDD cable for LENOVO YOGA 2 11 Hard Disk Cable P/N DC02C004Q00
AliExpress.com Product - WZSM New SATA Hard Drive Connector Cable DC02C004Q00 for Lenovo YOGA 2 11 HDD Cable
AliExpress.com Product - NEW Laptop HDD cable for LENOVO YOGA 2 11 Hard Disk Cable P/N DC02C004Q00
この手の部品は中国からの配送となることが多いので、配送に時間がかかります。

このコネクタはテープで固定されており、非常に小さいので取扱注意です。
取り外しはテープを剥がして、テープを引っ張って外します。
yoga2_11ssd2.jpg yoga2_11ssd3.jpg

SSDはADATAのSX900です。
SX900は7mmなので、WDのUltraSlimのSSHDより2mm厚くなります。
yoga2_11ssd4.jpg
蓋が閉まらなくなるかと思いましたが、この程度なので7mmでも問題ないと判断しました。
yoga2_11ssd5.jpg
バッテリーより浮いてないですね。
SSDは2.5インチ7mmでOKです。


10日待ってようやく手に入れたSATAコネクタ(DC02C004Q00)でしたが、接続時にコネクタ部をを強く押し込んだので、
壊れてしまいました。
yoga2_11ssd6.jpg
OSインストール時にSSDが認識せず混乱してしまいました。
改めてAliExpressで注文して10日待ちました。
今度は慎重に固定用テープを引っ張って接続しました。
yoga2_11ssd7.jpg
慎重に配線を格納して完成です。
yoga2_11ssd8.jpg
蓋も綺麗に閉じることができました。

OSは当初Windows8だったので、Windows10をUSBにダウンロードしてインストールしました。
Win8はProでしたが、Win10はHomeになってしまいましたが、ライセンスは認証しておりました。
Windows10インストール時にプロダクトキーなどは聞かれませんでした。

Windowsの起動が早くなりました。


  ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

ThinkPad S1 Yoga のキーボード壊れる - ThinkPad S1 Yogaのキーボード交換
3年前に中古で購入したThinkPad S1 Yoga のキーボードが打てない文字が出てきました。
嫁にと購入したThinkPad S1 Yogaですが、長男が使うことが多く、使い方が荒いことからドリンクなどをこぼしたことが疑われます。
ThinkPadは交換部品が入手しやすいので、自分で修理することにしました。
SSD交換の際は簡単にばらせてカスタマイズしやすいと思いましたが、キーボード交換は苦労しました。
キーボード交換はマザーボードまですべてばらす必要があります。
最近のノートPCにはフィルムコードだけで無くはまってるのかよく分からない薄いコネクタがあります。

ThinkPad S1 Yoga の分解方法はハードウェア保守マニュアルのP58以降を参考にすれば確実に分解できます。

まずは裏蓋を外します。
ThinkPad S1 Yoga はすべて普通のプラスネジなので、精密ドライバーと小ドライバーで事足ります。
thinkpads1yogakeyboad1.jpg
SSD交換時にも紹介しております。

HDDの交換ではこの状態でディスクを交換するだけでしたので簡単でしたが、キーボードはマザーボードを外す必要があります。
マザーボードをはずそうと思えばバッテリーもディスクも外す必要があります。
バッテリーのコネクターが硬かったですが、精密のマイナスドライバーで根気よく少しずつこじりました。
マザーボードに付いてるコネクターを外すのに悩みました。
thinkpads1yogakeyboad2.jpg thinkpads1yogakeyboad3.jpg
フィルムコネクターはストッパーを外せば簡単ですが、テープで固定されたコネクタがどうすれば良いか分かりません。
差し込み口側からテープをつまんでケーブル側に剥がしながら引っ張って抜きました。

マザーボードを外してキーボードを外します。
thinkpads1yogakeyboad4.jpg thinkpads1yogakeyboad5.jpg
コネクタをすべて外さなかったので、マザーボードは上側にまくり上げております。
キーボードを外すと液晶画面が見えます。

キーボードが外れたので、交換品と比較してみました。
thinkpads1yogakeyboad6.jpg thinkpads1yogakeyboad7.jpg
ドリンクをこぼした疑いをかけているのですが、裏面をみてもよく分かりません。
特に新品の交換品との違いは見当たりません。
表面のキーはテカリ方が少し異なっており、若返った感じになっております。

交換用の新品キーボードを取り付けて復元します。
テープでとめられていたコネクターははめ込む際にもテープを引っ張って差し込みました。

無事に復旧できてすべてのキー入力ができるように復帰しました。
高校生の子供と嫁が使うパソコンなので、スペック的にはこれで十分事足りておりまだまだ使いたいと思います。




  ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング

テーマ:パソコン修理 - ジャンル:コンピュータ

中古で Lenovo Yoga2 11を購入 - ThinkPad X201 Tablet 限界により買換 -
次男にお下がりしていたThinkPad X201 Tが限界を迎えました。
ACアダプタ接続するとダウンしてしまいます。
バッテリーでは稼働しますが、バッテリー切れで充電入れたとたんに電源が落ちてしまいます。
充電は可能ですが、バッテリー切れとともにご臨終では不便すぎます。

ThinkPad X201 T は中古で購入して5年弱使用しました。
購入時に3年落ちでしたので8年ほどでお釈迦は寿命としては早めかと思いますが、息子のひどい扱いによることもあります。

雑な息子に与えるパソコンなので、お金は掛けたくありません。
そこで見つけたのが、Lenovo Yoga2 11のジャンク品です。
タッチパッドの反応が悪いとのことでジャンクで19,800円(税込み)となっておりました。

タッチパッドの反応が鈍いくらいなら、我慢できるかもしれないし、マウスで対応できたりするので食いつきました。
部品交換にて良好にしてみるのもおもしろそうです。
新品のタッチパッドがなかなか見つかりませんが、Lenovo Yoga2 Proのタッチパッドが合うかもしれません。
AliExpress.com Product - New Touchpad cover for Lenovo Yoga 2 Pro 13 Laptop Click Board TM2132
大した金額ではないので、タッチパッドの交換にチャレンジしてもなんて思ってます。

主なスペックは
・CPU・・・Pentiume 2.166GHz
・メモリ・・・4GB
・HDD・・・500GB+16GB SSHD(5400rpm)
息子が使うPCとしては問題ないか。
YouTubeメインなのですが、Excelくらいは教えないといけないと思ってます。

左がThinkPad X201 T で右がLenovo Yoga2 11です。
lenovoyoga2_11_1.jpg
ボディは少し小さくなった感じですが、厚みは全然違いLenovo Yoga2は極薄になってます。
lenovoyoga2_11_2.jpg
画面は少し小さくなってるので文字が小さくなります。

私の使っているLenovo Yoga2 13と比べるとこんな感じです。
lenovoyoga2_11_3.jpg
画面の違いは全然違いますね。
lenovoyoga2_11_4.jpg

Lenovo Yoga2 13とThinkPad S1 Yogaと今回入手したLenovo Yoga2 11です。
lenovoyoga2_11_5.jpg
13.3インチと12.5インチと11インチが揃いました。
仕事するには13.3インチは要りますね。

Lenovo Yoga2 11の稼働状況は特に問題なく動いております。
タッチパッドの反応が悪いとのことですが、スライドは問題ありません。
クリックの反応が鈍いようで、かなり押し込まないと反応しません。
強めに押し込むことで動作するので、ほとんど問題ないです。
マウス派の次男には関係ないように思います。

良い買い物できましたが、息子が使うのですぐに壊れるかもしれません。



  ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング

テーマ:ノートパソコン - ジャンル:コンピュータ

スリープモード切替時に復帰できないトラブル - Windows10の不具合解消 -
Windows10の不具合解消3連発になります。
3年前に購入したLenovo Yoga2 13 の悩みであったスリープモード切替時に復帰できないトラブルが解消されました。
不具合状況は少し長めに使用してから蓋を閉じてスリープモードに入るときにスリープまで行かず復帰できなくなる現象です。
画面は消えておりスリープしたかのような状態ですが、ファンが回り続けております。
気づかずに放置していればバッテリー切れで落ちてしまいます。
この状況に陥ったときは電源ボタン長押しの強制終了しかありません。
強制終了すると、閲覧途中の画面はすべてリセットされてしまい不便です。

試験勉強でLenovo Yoga2 13 をタブレットモードで使うことがあるのですが、強制終了してしまうと読みかけの資料の位置が
分からなくなり試験勉強も非効率になってしまいます。
強制終了することでシステム不良につながる可能性もあります。

この症状になるときCPUファンが強く回転していることが多かったので、CPUのパワーを下げてみたり試行錯誤してみたものの、
解消されずに我慢しておりました。
今回、その長年の悩みが解決されたようですので、スリープ失敗不具合の解消法を紹介します。
その解消方法は電源管理機能を持つすべてのデバイスで
「電力の節約のために、コンピュータでこのデバイスの電源をオフにできるようにする(A)」のチェックを
外すことです。
これはスリープ後にWi-Fiが自動接続できないトラブル解消法と同様で、他のデバイスでもこの機能を使わない方が良いようです。
要はデバイスごとに電源をコントロールするところに問題を抱えているようです。
3年間Windowsアップデートを続けておりましたが、解消されなかったので問題機能を切るしかありません。
この辺の出来の悪さがWindowsらしいですけど。

操作方法はデバイスマネージャですべてのデバイスのプロパティを開き、[電源管理]タブがあればチェックを外すだけです。
すべてのデバイスのプロパティを開いてみてチェックを外しました。
デバイスマネージャは[田]+[X]キーで開くと簡単です。
win10startxdevicemg.jpg

デバイスのプロパティに[電源管理]タブが無い場合です。
powermanagement1.jpg
そのまま[Esc]キーで閉じます。

デバイスのプロパティに[電源管理]タブがある場合です。
powermanagement2.jpg
[電源管理]タブをクリックして「電力の節約のために、コンピュータでこのデバイスの電源をオフにできるようにする(A)」の
チェックを外します。
私のLenovo Yoga2 13 には122個のデバイスがありました。

作業はキーボードで行いました。
[↓]キーでデバイスを選択して[Ennter]キーでデバイスのプロパティを開きます。
[電源管理]タブが無ければ[Esc]キーでプロパティを閉じてすぐに[↓]キーで次のデバイスを選択します。
[Ennter]キーで次のデバイスのプロパティを開いての繰り返しです。
この作業を一番上のデバイスから順番に一番下まで行いました。
キーボードを使うことで、作業は5分ほどで終わりました。

122個のデバイス中に[電源管理]タブがあったのは
・インテル(R)ワイヤレスBluetooth(R)
・Intel(R) Management Engine Interface
・HID センサーコレクションV2←(グレーアウトしておりチェックされていなかった)
・Intel(R) Wireless-N 7260←(Wi-Fi自動接続対策でチェック外し済み)
・Bluetooth 低エネルギー GATT 対応 HID デバイス × 3個
・HID 準拠タッチスクリーン←(グレーアウトしておりチェックされていなかった)
・HID 準拠デバイス←(グレーアウトしておりチェックされていなかった)
・HID 準拠ベンダー定義デバイス × 3個←(グレーアウトしておりチェックされていなかった)
・USB 入力デバイス × 2個
・Generic USB Hub
・USB Root Hub
・USB ルートハブ(USB 3.0)
12種類の計17個でした。
どのデバイスの電源管理が悪さしているのは分かりませんが、全オフで様子を見ます。
今のところこの設定変更により、できなくなった機能は出てきておりません。
電源節約状況がどうなのかはよく分かりませんが、確実にスリープできて復帰できることの方が大切です。

長年の悩みが解消されて、安心して電車内など外で使うことができます。



  ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング

テーマ:ノートパソコン - ジャンル:コンピュータ

スリープ復帰後にタッチパッドのジェスチャー機能が不能になる - Windows10不具合解消 -
ノートPCスリープ後にタッチパッドのジェスチャー機能が不能になる問題が発生しました。
ジェスチャー機能とはタッチパッドに複数の指を触れて操作することで、上下左右にスクロールしたり、タスクを変更したりできる
便利な機能です。
ジェスチャー機能により、タッチパッドがほぼマウスの代わりをしてくれます。
ジェスチャー機能の内容
●2本指
2本の指でスライド・・・上下左右のスクロール
2本指でつまむ・・・拡大縮小
2本指でひねる・・・回転
●3本指
3本指でスライド・・・タスク変更
3本指出タップ・・・Cortana起動
●4本指
4本指でタップ・・・Action Centerを開く

4本指でスライドは無いようです。
これらのジェスチャー機能を活用することで、Ultrabookをフル活用できていたのですが、
スリープ復帰後に機能しなくてイライラしてました。

この問題は電源オプションのUSBのセレクティブサスペンドの設定を無効にすることで解決しました。
[設定]→[システム]→[電源とスリープ]→[電源の追加設定]でコントロールパネルの電源オプションを開きます。
powerset1.jpg

「プラン設定の変更」をクリックします。
powerset2.jpg

さらに「詳細な電源設定の変更」をクリックします。
powerset3.jpg

これでようやく電源オプションにたどり着きました。
Win7の方が簡単でしたね。
電源オプションにある[USB設定]→[USBのセレクティブサスペンドの設定]を無効にします。
powerset4.jpg
これでスリープ復帰後に生じていたジェスチャー機能の不安定が解消されました。


  ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング

テーマ:ノートパソコン - ジャンル:コンピュータ

スリープ復帰後にWi-Fiが自動接続しないトラブル回避 - Windows10不具合解消 -
Windosw10特有の不具合のようですが、スリープから復帰したときWi-Fiが自動接続しない問題がでました。
ノートPCの場合は非常にストレス感じます。

この問題はネットワークデバイスの電源管理の設定で問題回避できました。
デバイスマネージャからネットワークアダプタにあるWi-Fiのデバイスを選択してプロパティを開きます。
デバイスマネージャは[田]+[X]キーから「デバイスマネージャ(M)」で簡単に立ち上げられます。
win10startxdevicemg.jpg

電源管理タブにある「電力の節約のために、コンピュータでこのデバイスの電源をオフにできるようにする(A)」のチェックを
外します。
wi-fideviceset.jpg
これでスリープ後に自動的にWi-Fi接続するようになりました。
コンピュータでデバイスの電源をオフにすると動作に問題が生じるみたいです。


  ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング

テーマ:ノートパソコン - ジャンル:コンピュータ

FTPサーバーのミラーリング FTPサーバーをマウントしてRoboCopyが便利 ★FTPのマウントはFtpUse
計測機器のデータロガーでFTPを利用しているものがあります。
インターネット経由でデータを吸い上げたいのですが、回線速度が遅いので毎回すべてのデータをコピーすると時間がかかります。
ここで、FTPサーバーのデータをミラーリングしてダウンロードすることができれば非常に便利です。

まず初めに試したのが、FFFTPによるミラーリングダウンロードです。
しかし、データ数が多くなるとミラーリングチェックに時間を要しすぎます。
忘れた頃にチェックが終わっており、開始ボタンを押す必要があり、時間が経ちすぎているとダウンロードできなくなります。

この方法では面倒なので、robocopyコマンドでミラーリングしたくなりました。

robocopy自体にFTPサーバーを指定するのは厳しいので、FTPサーバーをマウントすることにしました。
FTPをマウントするにはフリーソフトであるFtpUseを用います。
FtpUseのインストーラーをダウンロードして、インストールします。
インストールは英語ですが画面に従ってacceptなどを選択して行います。(特に設定不要)
最後に実行しますかといった画面になるので、そのまま[OK]をクリックすると、管理者でコマンドプロンプトが立ち上がります。
ftpuse1.jpg
この画面がFtpUseのヘルプを示しております。

FtpUseによるFTPサーバーのマウントはコマンドプロンプトで行います。
使い方はヘルプにある
FTPUSE F: ftp.microsoft.com/developer pass@word /USER:anonymous
で内容を説明します。
   FTPUSE・・・FtpUseコマンドです。
   F:・・・マウントするドライブ名
   ftp.microsoft.com/developer・・・マウントしたいFTPサーバーのルート
   pass@word・・・FTPサーバーで与えられたユーザーのパスワード
   /USER:・・・ユーザー名を指定するオプション
   anonymous・・・FTPサーバーに与えられたユーザー名(例としてanonumousとしている)
FTPにアクセスするには匿名(anonymous)かユーザー名とパスワードによるものかとおもいますので、
上記内容が設定できれば事足りると思います。
anonymousの場合はパスワード不要ですので、1つめの例文(FTPUSE F: ftp.microsoft.com)でマウントできると思います。

FtpUseインストール後はコマンドプロンプトのどこのルートからでもFTPUSEコマンドが使えます。

マウントを解除するには4つめの例文(FTPUSE F: /delete)にある[/DELETE]オプションを使うか、
コマンドプロンプトを閉じればOKです。
マウントは一時的なものでその都度行う必要があります。(繋がりっぱなしだと逆に不具合要因となりそう)

この方法でFTPサーバーをマウントしてrobocopyコマンドでミラーリングしました。
コマンドプロンプトを2画面立ち上げても良いのですが、batファイルでタスク実行したいのでコマンドラインを書いてみました。
FTPUSEコマンドの次にrobocopyコマンドを並べると、マウントされる前にrobocopyコマンドが走り見つかりませんとなります。
あいだに次のtimeoutコマンドを挟みます。
timeout /T 5
これでrobocopyコマンドを実行する前に5秒間待機してくれます。

robocopyの使い方は検索すれば沢山出てきます。


  ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング

テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

PCのバックアップはクローンディスク - Win10リカバリ対応
Windows10を無償アップデートにてインストールした場合、ディスク交換等によるリカバリが心配です。
ライセンス認証していれば問題ないとのことですが、不安があります。
また、クリーンインストールではソフトウェアのインストールも行う必要があり、細かな設定も一から行うことになります。
これは非常に面倒です。
とりあえずWindows10のディスクイメージは保管しておくべきです。

リカバリ対応としてシステムディスクのクローンディスクを作ることにしました。
クローンディスクとしてバックアップを取っておけば、交換用ディスクにバックアップディスクからクローンすればすぐに復帰できます。
Windowsの調子の良い状態でクローンバックアップしておくことが有効です。
その他に、SSDの書き込み不良に伴うシステム不良の場合においても再クローンで復旧することもあります。

これまで、システムディスクのクローンはPC開けて空きSATAにクローンするディスクを接続して行っておりました。
面倒なのでUSB-SATA変換器を調達しました。
 

ディスクのクローンは例のごとくAcronisです。
 

うちにはデスクトップからノートPCやUltrabookまでありまして、UltrabookのLenovo YOGA 2 の既設ディスクは
UltraSlime SSHDでありSFF-8784規格のコネクタのためUSBコネクタ変換できないためバックアップ用のディスクを購入しました。

3.5インチであれば安いですね。
楽天市場で特価品見つけましたのでそちらで対応しました。

これで安心です。



  ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング

テーマ:パソコン関連お役立ち情報 - ジャンル:コンピュータ

Win7アップデートエラー 現在サービスが実行されていないため、Windows Update で更新プログラムを確認できません
webサーバーを4年前の状態に戻してWindows Updateを実行したらエラーが出ました。
「現在サービスが実行されていないため、Windows Update で更新プログラムを確認できません」とのことですが、
サービスを見るとWindows Updateは開始状態になっております。

回避方法として、以下のbatファイルを実行すると直りました。
Repair.bat
バッチファイルの内容は以下のとおりとなっております。
net stop wuauserv
cd %systemroot%
ren SoftwareDistribution SoftwareDistributionold
net start wuauserv
net stop bits
net start bits
net stop cryptsvc
cd %systemroot%\system32
ren catroot2 catroot2old
net start cryptsvc

このバッチファイルを管理者として起動するとWindows Updateができるようになりました。
winupdatelater1.jpg
4年前に戻るとアップデートが219個もありなかなか終わりません。




  ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング

テーマ:トラブル - ジャンル:コンピュータ

CopyExt - 拡張コピー Windows10でインストールできない
データコピーで重宝しているCopyExt - 拡張コピー がWindows10でインストールできませんでした。
CopyExt - 拡張コピー はExplorerのファイルコピー機能を拡張するソフトでデータの持ち運びに重宝しております。
15年以上愛用しているツールです。
右クリックでコピーの拡張機能が使えるので非常に便利です。

拡張内容は多種にわたりますが、新しいファイルのみ上書きするなどで重宝しております。

Windows10になってからインストーラーでインストールしても拡張機能が使えない状態でしたが解決しました。

まずインストール用データをダウンロードします。
ダウンロードしたデータをローカルアクセス可能な場所に解凍します。
フォルダ内にあるCOPYEXT64.INFを右クリックして[インストール(I)]をクリックします。
開きますかときかれたら[開く]をクリックする。

通常のexeファイルではインストールが正常にできませんでしたが、
infファイルからインスト-ルすることで拡張機能が正常に追加されました。


  ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング

テーマ:フリーソフト - ジャンル:コンピュータ

Outlook Connector が利用できなくなった。 ◆Outlookの同期環境変更(その2) Yahoo!メールIMAP設定
Outlook2010で使っていたOutlook Hotmail Connectorがこの10/1から利用できなくなったことを受けての対策その2です。
今日はメールの同期方法について紹介します。

これまでOutlook2010のHotmail Connectorを使っていたので、他のpopメールを仕分けルールでMicrosoftのExchangeActivesyncへ
移動させて多数のメールアカウントを一元管理することができておりました。
メールのデータ容量はOneDriveの容量制限にかからないので使い放題なのです。
しかし、Outlook2013ではExchangeActivesyncのデータファイルへメールを移動させることができないようになっております。
複数のメールアカウントのデータをクラウド上で受信することにより、クラウド上のストレージを圧迫するからだと思います。

でも、クラウド上にすべてのメールアカウントで受信したメールを一元管理できれば非常に便利なので何とかしたい。
メールの受信方法にはIMAPという方法があり、メールサーバーにあるデータを受信するのではなく読みこんで操作する方法です。
この方法であれば、どのデバイスからアクセスしても常に同じメール受信環境となるのです。

最近では多くのメールサービスでIMAP対応が行われておりますが、
自宅サーバーで受信しているメールなどpopしか対応できてないものも混在しております。
また、Outlookで複数のIMAPメールを設定することもできるのですが、データファイルも複数現れて閲覧が面倒になります。
そこで思いついたのが、1つのIMAPメールに他のpopメールで受信したメールをOutlookの仕分けルールで振り分ける方法です。

MicrosoftのExchangeActivesyncのデータファイルは他のメールを書き込みできませんが、
IMAPメールのデータファイルにはpopメールで受信したメールを移動させることができるのです。
その他にもGoogleとeoでもIMAPメール対応が可能でしたが、今回はYahoo!メールに集約することにしました。
OCNメールではExchangeActivesyncに対応しているようです。

Outlook2013でHotmailをExchangeActivesync、Yahoo!メールをIMAP、その他のメールをpopで受信した設定を紹介します。


1.OutlookでYahoo!メールのIMAP設定を行う

(1)Outlook2013で[ファイル]→[アカウント設定▼]→[アカウント設定(A)]の[電子メール]タブで「新規(N)」をクリック

(2)「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)(M)」を選択して[次へ(N)>]をクリック

(3)「POPまたはIMAP(P)」を選択して[次へ(N)>]をクリックすると次のウィンドウとなります。
yahooimapoutlooksetting1.jpg
ユーザー情報の記入
①名前・・・データファイルの名前を任意に設定する。
②電子メールアドレス・・・IMAPメール設定するメールアドレスを入力
サーバー情報
③アカウントの種類・・・プルダウンでIMAPを選択する
④受信メールサーバー・・・「imap.mail.yahoo.co.jp」と入力
⑤送信メールサーバー(SMTP)・・・「smtp.mail.yahoo.co.jp」と入力(POPの場合と同様)
メールサーバーへのログオン情報
⑥アカウント名・・・Yahoo!のアカウント名を入力
⑦パスワード・・・Yahoo!アカウントのパスワードを入力

①~⑦を設定したら⑧[詳細設定(M)]をクリックすると次の窓が現れるので、[送信サーバー]タブをクリック
yahooimapoutlooksetting2.jpg
「送信サーバー(SMTP)は認証が必要(O)」にチェックを入れて[詳細設定]タブをクリック
yahooimapoutlooksetting3.jpg
サーバーのポート番号
①受信サーバー(IMAP)・・・993に変更
②送信サーバー(SMTP)・・・465に変更(POPの場合と同様)
③使用する暗号化接続の種類・・・受信サーバー、送信サーバーともにプルダウンでSSLに変更
①~③を設定後に[OK]をクリック

はじめの窓に戻るので[次へ(N)>]をクリックしてIMAPの設定完了


2.Yahoo!メールで個人フォルダを作成

ブラウザでYahoo!メールにログオンして、メールを整理するための個人フォルダを設定する。
yahoomailsetting.jpg
個人フォルダの+をクリックしてフォルダを追加する。
Outlook2013の送受信を行うと個人フォルダが出現する。


3.Outlook2013のデータ構成

HotmailのExchangeActivesyncとYahoo!メールのIMAPとPOPメール用のデータファイルを読み込んだ状態です。
outlook2013imapset.jpg
Outlook2013ではYahoo!メール固有のフォルダが英語表記となっております。
(削除済みアイテム、送信済みアイテム、迷惑メール、下書き)
日本語フォルダ名の削除済みアイテムと送信済みアイテムと迷惑メールと下書きフォルダはOutlook2013固有のものになります。
Yahoo!メールの名称変更は次のとおりとなりますが消したらダメです。
・削除済みアイテム・・・Trash
・送信済みアイテム・・・Send
・迷惑メール・・・Bulk Mail
・下書き・・・Draft

ここまでできれば、Outlook2013で仕分けルールを作成するだけです。
フォルダの階層を分けれないところが少し残念ですが、十二分に集約できております。
Microsoftアカウントでは読めなかった銀行関係の署名の問題による文字化けがYahoo!メールでは読めます。

設定変更前より改善した面もありましたが、ソフトウェア環境が変わっていないのに2年ほどで設定変更が必要になりました。
クラウドサービス利用時のデメリットとして、サービス側の環境変化について行かなければならない面があげられます。

Yahoo!メールには迷惑メールフィルタが付いておりますが、POPメールで受信したメールをYahoo!メールデータへ移動した際に、
同期後のメールに対するYahoo!メールの迷惑メールフィルターは利かないようです。
(そこまで求めるのは図々しいかも)

やっぱOutlookは最高です。




  ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング

テーマ:インターネットサービス - ジャンル:コンピュータ

Outlook Connector が利用できなくなった。 ◆Outlookの同期環境変更(その1)
Outlook愛好家として悲しい出来事がありました。
Outlook2010で使っていたOutlook Hotmail Connector による同期が10/1からできなくなったのです。
Microsoftの仕様変更によるものと思われます。
Microsoftアカウントを利用したOutlookの同期はこちらの記事を参照してください。
自宅内はOutlook2013で会社はOutlook2010という環境での同期を可能としておりました。
メールの統合はOutlook2010で行うことにより、
複数のメールアカウントで受信したメールをMicrosoftアカウントデータに振り分けておりました。

カレンダー、メール、連絡先の同期ができなくなってしまいました。

会社でもOutlook2013からMicrosoftアカウントにアクセスできればいいのですが、制限かけられて利用不可です。

よって、Outlook2010とOutlook2013の混在での同期環境を再構築することを余儀なくされました。
カレンダーと連絡先についてはFieldstone SoftwareのgSyncitを用いてGoogleアカウントを仲介することにしました。
メールの統合についてはYahoo!メールのIMAPを使うことにしました。

Outlook2013までのカレンダーは一つのデータファイルに対して1つのカレンダーとなっております。
これに対して、GoogleやYahoo!のカレンダーは1つのアカウントに対して複数のカレンダーを作成して用途分類します。
Maicrosoftのカレンダーでも1つのアカウントに対して複数のカレンダーを作成するインターフェースになっております。
Outlookでは1つのデータファイルに1つのカレンダーですが、分類項目を設定することで用途分けが可能となります。
この分類項目という概念が他のインターフェースと合わないのです。
Outlookではカレンダーだけではなく連絡先も分類項目で管理することができます。
でも、これまで15年近く分類項目でカレンダーと連絡先管理してきたものからすると、分類項目が使えないのは不便です。

カレンダーについては用途に応じた自動色分けができるメリットがあり、分類項目の代わりにカレンダーの追加で対応可能です。
連絡先については仕事とプライベートを一元管理しているので、分類項目で振り分ける機能が必要です。
困っているのはOutlook2013での連絡先で分類項目が同期されない面です。
分類項目という概念がMicrosoftアカウントの中で不要となっていることから、情報が同期できないようです。
カレンダーは分類項目まで同期してくれますが、連絡先は分類項目の同期が不能です。
連絡先を編集すると同期先で設定していた分類項目が消失してしまう有様です。

ビジネスで連絡先を管理するにはOutlookが情報豊富で便利です。
GoogleやMicrosoftアカウントの連絡先では会社名と役職まで記帳可能ですが、部署や所属課の記帳ができません。
異動などを考えると会社の住所までは不要かと思いますが、部署や課はあった方が連絡先の表示検索に便利です。

といった事情で、今日はOutlook2013とOutlook2010のデータ同期をGoogleアカウント経由で行う方法を紹介します。
OutlookとGoogleアカウントを同期させるソフトは分類項目による細かい設定が可能なgSyncitを使います。
自動同期を行うには有料となりますが、これだけ細かい設定が可能で$19.99払いっきりであればお買い得です。
gSyncitはOutlook2003~2016とOffice365に対応しており、同期できるサービスも多岐にわたります。
gSyncitで同期できるサービスは次のとおりです。
 Outlook    
カレンダー連絡先タスクメモ
Googleカレンダー、連絡先、タスク、メモ、メールなど多岐にわたるクラウドツールが提供されている。
Toodledoタスクとメモを基本としたツールであり、リスト化、アウトライン化さらには分析機能を有するクラウドツール××
Dropboxオンラインストレージをメインとするクラウドサービスにメモ作成共有機能を有する×××
Evernoteタスクやメモ機能をクラウドツールとして提供するサービス××
Simplenoteメモ機能をクラウドツールとして提供するサービス×××
Nozbeタスクやメモ機能をクラウドツールとして提供するサービス××
Pocket Informant Onlineカレンダー、タスク、メモ機能をクラウドツールとして提供するサービス×
Wunderlistタスク機能をクラウドツールとして提供するサービス×××
CalDavカレンダー情報の標準フォーマットである iCalendar (.ics) を WebDAV サーバー上に保存する事でカレンダー共有を実現する比較的新しい標準プロトコル。iPhone等××
CardDavアドレス帳を許可したユーザーに共有、アクセスするためのクライアント及びサーバのプロトコル。iPhone等×××
カレンダーやタスクなど同じようなツールでも様々なサービスがあります。
スマホ等のモバイル機器の普及に伴い各デバイスに特化していたり、使い方が微妙に異なっていたりするようです。
gSyncitを使うと、複数のサービスを利用していてもPC上ではOutlookに集約することができるのです。
スマホのメモはEvernoteが使いやすかったりすることあると思います。
パソコン上では非常に便利です。

gSyncitは英語表記のため取っつきにくいと思いますので設定を紹介しておきます。
Googleカレンダーとの同期設定例です。
gsyncitsetting1.gif
複数の同期設定が可能です。
左側がOutlookで右側がGoogleを示しております。

(1)基本設定
各同期設定の基本設定は[Calendar Mapping]タブで行います。
gsyncitsetting2.jpg
①同期したいGoogleアカウントのメールアドレスを入力して②[Unauthorize]をクリック
  一度目はなぜか消えるのでもう一度入力しなおしてクリックするとGoogleアカウントの許可画面が出るので許可する
③選択したGoogleアカウントの同期したいカレンダーを選択
④同期の方法を選択する。
  Outlook<->Google・・・双方向の同期
  Outlook to Google・・・OutlookからGoogleへの同期(逆は更新しない)
  Google to Outlook・・・GoogleからOutlookへの同期(逆は更新しない)
⑤Outlookデータファイル内のカレンダーを選択
Outlookの特定の分類項目とGoogleカレンダーを1対1で同期したい場合は
「Sync with category(only sync items assigned to category)」にチェックを入れて分類項目を選択する。

(2)オプション設定
Outlookカレンダーの複数の分類項目とGoogleカレンダーを多対1で同期したい場合は
[Calendar Mapping]タブで「Sync with category(only sync items assigned to category)」のチェックを外して
[Categories]タブで次のような設定を行う。
gsyncitsetting3.jpg
①プルダウンでOutlookカレンダーで同期したい分類項目を選択して②[Add Category]ボタンで追加
リスト内の分類項目を消したい場合はリスト内の分類項目を選択して[Remove Category]ボタンをクリック
オプションは
・Don't filter by category(sync all items)
    分類項目別に振り分けない。すべてを同期する
・Only sync uncategorized Outlook appointments to Google Calendar.
    分類項目リストにないOutlookの予定をGoogleカレンダーに同期する
・Only sync appointments to Google calendar that contain one or more of these categories
    分類項目リストにあるOutlookの予定のみGoogleカレンダーに同期する
   Assign all of these categories to appointments imported from the GoogleCalendar
      Googleカレンダーから取り込んだ予定は分類項目リストにあるすべての分類項目に割り当てる
・Do not sync appointment's to Google calendar that contain any one of these categories
    分類項目リストにあるいずれかの項目に該当する予定はGoogleカレンダーに同期しない
・Assign these categories to new events imported from Google Calendar.
    Googleカレンダーから新しい予定が記録された場合は分類項目リストにある分類項目に割り当てる
英訳するのがとっても面倒ですね。
このオプションはOutlookからGoogleへの同期時に有効として利用しております。
特定の分類項目の予定のみGoogleカレンダーと同期して共有しております。

その他にも様々なオプション設定があります。

カレンダーはこれらの設定で個人デバイスと会社パソコンとの同期がとれそうです。

メールの設定は次の記事に回します。





  ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

FireFoxの64ビット版をインストールしてパワーアップ
インターネット閲覧に使っているブラウザとして、オープンスースのFireFoxを使っております。
ポイント稼ぎとかしているとタブを開けすぎて重くなったりしておりました。
InternetExplororに64ビット版がありますので、同様にFireFoxにもないものかと思っていたらありました。

早速、FireFoxを32ビット版から64ビット版に変更してみました。
OSが64ビット版でなければできませんのでご注意願います。

まず、インストールされているFireFoxが32ビット版なのか64ビット版なのか確認します。
[ヘルプ]-[トラブルシューティング情報(T)]をクリック
firefoxx64_1.jpg

トラブルシューティング情報のユーザーエージェントを確認します。
firefoxx64_2.jpg
ここにWOW64とあれば32ビット版のFireFoxと言うことになります。

こちらから64ビット版のFireFoxをダウンロードしてインストールします。
firefoxx64_3.jpg

インストールは通常で問題ないと思います。
64ビット版になったか確認するにはトラブルシューティング情報を見ます。
firefoxx64_4.jpg
Win64と記載されていれば64ビット版になっております。

FireFoxはお小遣い稼ぎのポイント集めに便利です。
アドオンや拡張機能を追加することができるので便利です。
リードメールに重宝しているのがTab Mix Plusです。
tabmixplus.jpg
最近ではキングオブリードメールが好調です。
kingmail.jp
ブラウザから未読(Click有効)メール一覧を選択して、未読リードメールをタブですべて開きます。
Tab Mix Plusはタブの再読込時間を指定して繰り返し再読込することができるので、大量のリードメールをタブで同時に開いた後は
待っていれば完了します。
今は何故か同じリンクが1時間ごとくらいに再度未読になるので、大量に開いたリードメールをすべてお気に入りに登録しておけば
リードメールを開く作業もTab Mix Plusで一気に行うことができます。
ちなみに同時に開いたタブを一気にお気に入りに登録することもできるので便利です。

ちまちまクリックしてもほとんど成果の上がらないリードメールですが、
最近のキングオブリードメールはすごい勢いでポイントが増えております。
kingofleadmailseika20160529
今の調子だと毎月換金できそうです。

FireFoxの64ビット版で大量にタブを開いてもパワフル稼働してくれるようになりました。
32ビット版との体感差は明らかです。


  ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング

テーマ:ブラウザ - ジャンル:コンピュータ

Widow7とWindows10どっちにする? - 勝手にWin7からWin10にアップデートが予約される -
Windows7からWindows10に無料アップデートが1年間キャンペーンされております。
どっちのOSがいいのでしょう・・・
うちにはデスクトップと自宅サーバーがWindows7で、Ultrabook等のノートPCがWindows10にしております。
LenovoのUltrabookについてはWindows8で使いにくかったのでWindows10にアップデートしました。
デスクトップについてはWindows7の方がやや早いことから据え置きにしております。
Win7の場合、アプリが使えないくらいの違いがありますが、使えないと困るアプリがないので問題ありません。
また、自宅サーバーについては動作不良等が出るリスクがあるだけで面倒なのでアップデートしておりません。

逆にWindows7からWindows10にアップデートしたものもあります。
それは、子供用にしたThinkPad X201Tです。
Windows7でも時間制御できるのですが、時間帯のみの設定で1日あたりの稼働時間が設定できません。
Windows10であればMicrosoftアカウントにより、子供の使用制限を時間帯と稼働時間の両方で設定が可能になります。
こちらからMicrosoftアカウントを新規作成するともれなく0.5GBの無料ストレージが貰えます。
子供の利用制限には非常に便利な機能で、iphoneにも導入してほしい機能です。
lpx201tablet.jpg
ThinkPad X201TをWindows10にアップグレードして使っております。
若干重たくなった感ありますが、問題なく動いております。
まだまだ有効活用しております。
安価な中古PCをWindows10で使い続けるの手もあります。
ThinkPad X201Tはタッチパネルなので、今時風の使い方にかなり対応できますよ!

Windowsは何がいいのかというと、Win7 > Win10 > Win8 と考えております。
デスクトップについてはキャンペーン期間ぎりぎりまで様子を見ます。
自宅サーバーについてはWindows7で問題なしと考えております。
OSの期限切れが来る前に壊れてしまう可能性が高いからです。

ってなことで、Windows7を据え置きにして利用したいのですが、
勝手にアップデート予約されてWindows10がインストールされるという事態が発生しております。
Microsoftの陰謀のようです。
よほどWindows7では困るようなことがあるのでしょうか・・・

WindowsXPをWindows10にしてくれ~って思います。

今日は勝手に予約されたWindows10のアップデートを解除する方法を紹介します。
起動時に次の画面が上がってきたら要注意です。
win10upgradecancel1.jpg
この画面を見過ごすと予約時間経過後にアップグレードされるようですので、アップグレードをキャンセルするリンクをクリックする。

win10upgradecancel2.jpg
「アップグレードの予定を取り消す」をクリックする。

win10upgradecancel3.jpg
さらに「アップグレードの予定を取り消す」ボタンが出てくるのでここをクリックする。

何回も同じようなボタンを押す必要があります。
勝手に予約したアップグレーををキャンセルするのにこんなに厳重にする必要があるのはMicrosoftの都合でしょう!
なんかの戦略でしょうか・・・
いずれはWin10になるのでしょうが、積極的にする必要なしでしょうか。
Win7ではMicrosoftに都合が悪いと言うことは、ユーザーにメリットがあるのかもしれませんので、
アップグレードの際には機能的なメリットを十分に考慮してから決めましょう。

UltrabookはLenovoがお得か!





  ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング

テーマ:Windows - ジャンル:コンピュータ

レッツノートCF-R5のSSD化で発生したUMDA2問題 - SSD化で高速化 -
レッツノートのCF-R5をSSD化しましたが、いまいち速度が速くなりませんでした。
ベンチマークテスト結果はこちらの記事で紹介しております。

せっかくSSDにしたのにほとんど早くなっておりません。
古いPCにSSDを装着したときに同様の問題が生じるようです。
SSDの場合はウルトラDMAのモードが5となるはずですが、レッツノートCF-R5ではモード2となっております。
デバイスマネージャでプライマリIDEチャンネルのプロパティを確認します。
udma2_1.jpg
udma2病とも呼ばれているそうです。
どおりでSSDの効果が体感できないわけです。

udma2からudma5に変えることで読込速度を早くすることができます。
ウルトラDAMのモードを変えるにはHDPARMというソフトのコマンドで対応できます。
HDPARMはこちらよりダウンロードしました。

ダウンロードしたexeファイルでhdparmをインストールすると、コマンドプロンプトからhdparmのコマンドが使えるようになります。
コマンドプロンプトを立ち上げて、hdparmがインストールされたフォルダに移ります。
hdparmcommand1.jpg
次のコマンドを実行します。
hdparm -X69 hda


setting xfermode to 69 (UltraDMA mode5)
と表示されたら成功です。
hdparmcommand2.jpg

udma5変更後にベンチマークテストを実行してみました。
udma2_2.jpg
倍ほどの速度になっております。

やった~
って思ったのですが、hdaコマンドを実行してからでないと早くならないので、起動時間短縮にはなりません。
再起動後にベンチマークテストを実施すると元通りでした。

少し残念でしたが、バッチファイルにしてスタートアップに登録することにしました。
バッチファイルは
C:\Program Files\hdparm\hdparm -X69 hda
と記述したテキストファイルを拡張子batで保存します。(ファイル名は任意)

少しでもSSDの利点を活用します。

古いパソコンでもSSDを用いることでまだまだ使えるようになります。


  ↓↓↓↓参考記事には↓↓下記↓↓に1票よろしく!↓↓↓↓
    blogramのブログランキング    FC2ブログランキング

テーマ:ノートPC - ジャンル:コンピュータ




RSSフィード

最近の記事+コメント

広告スペース

いろいろアフィリエイトしてます。

入金に至ったASPはこちら



電報サービス VERY CARD

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で







ベルメゾンネット






NTTフレッツ光







プロフィール

kすけ

Author:kすけ
2児の父であり貧乏サラリーマンでもあります。
パソコンやネットワークをあれこれ触っている内にインターネットの活用方法を模索するようになりました。
セコネタからグチや日常生活まで的を絞らず運営するブログです。

ブロとも申請フォーム




この人とブロともになる

ブログ内検索



楽天で探す
楽天市場

カテゴリー

ブロとも一覧

ちょっと寄り道しませんか?
ぶろぐいろいろ
あみパパ日記2
薬剤師の不養生
♪お気楽ままmikaのしゃべり放題♪
Suomen
不思議な不正義
だから俺は原付に乗る。

最近のトラックバック

リンク






↓↓おこづかい通信↓↓購読者募集中
メルマガ登録・解除
おこづかい通信
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
この人と友達になる

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する