弱者のネット活用術

Category中華モンキー★ミニモトモンキー 1/4

中華ゴリラからガソリン漏れ キャブのオーバーフローと思いきやガソリンホースひび割れ

中華モンキーからゴリラタンクに変えたので1回の給油で400km以上走れると期待しておりましたが、270kmほどでエンストしました。急に燃費が悪くなったのかと思ったら、ガソリンが漏れて居るではありませんか。中華キャブ時代にもガソリン漏れがあり、キャブのオーバーフローが原因でした。キャブを交換して1年でオーバーフローするなんて・・・しかも日本製に変えたのに。おかしいなと思いながら、キャブをオーバーホールしてみまし...

  •  0
  •  0

中華ゴリラのオイル交換

中華モンキー改め中華ゴリラのオイル交換をしました。前回のオイル交換が2101.7kmでしたので、約千キロ後の3050.7kmでオイル交換することにしました。オイルはいつも通りのHONDA ULTRA S9でスーパーゾイルを混入します。スーパーゾイルの振動低減効果はかなり体感できたので、高額添加剤ですがやめることができません。スーパーゾイルの単価を抑えるため450mlを購入しました。  約千キロ走行後のオイルはこんな感じで真っ黒です。...

  •  0
  •  0

中華ゴリラにリアキャリア装着 - ゴリラ・モンキーで荷物運び -

ゴリラ純正シートのHONDAロゴが見にくいのと利便性を考慮してリアキャリアを取り付けました。ゴリラベースのリアキャリアは錆が目立ちにくい黒を選択。 リアキャリアとテールランプとウィンカーがセットのものもあります。さらに、後部付属品として、テールランプを新規に購入しました。元々あった中華ベースでも良かったのですが、LEDが良かったのでクラッシックタイプのテールランプを購入しました。 リアキャリアを購入してみた...

  •  0
  •  0

中華ゴリラのタンクキャップにカバーリング装着

中華モンキーから中華ゴリラに変身しましたが、さらに、タンクキャップにカバーリングを装着してドレスアップしました。ゴリラ化してタンクが目立つようになり、タンクキャップが貧相でした。そんな中華タンクキャップにカバーリングを装着するだけで見栄えがかなりアップしました。 取付は簡単で、もとのタンクキャップにカバーリングをかぶせて六角小ネジで締め付けて固定するだけです。横から見た方がもっとよさがわかりやすい...

  •  0
  •  0

中華モンキーのタンク交換でゴリラに変身 - 9Lタンクで長距離使用 -

中華モンキーのタンクを交換しました。きっかけはシルバーメッキの剥がれでした。メッキが浮いてきてこんなに汚くなりました。写真を撮ってる私の顔も写りません。どうせタンクを交換するならガソリン容量を増やしてはとの安易な考えで、ゴリラもどきの9Lタンクを購入しました。 タンクについているガソリンコックにフィルターが付いておりました。中華製タンクは錆がひどく、キャブレターのフロートが動かなくなりガソリンが漏...

  •  0
  •  0

中華モンキー振動対策 その7 - ステーターコイルベース交換でクランクシャフト3点支持 -

中華モンキーの振動に悩まされておりましたが、過去6回の振動対策によりかなり振動を抑えることができました。ただ、振動が消えたわけではありません。5千回転で最も強い振動になる特徴から、回転系による振動と想像できフライホイールの回転が5千回転で共振してそうです。やはり、中華モンキーの振動はクランクシャフトの回転が主要因だと思います。そこで、今回はクランクシャフトを支持できるステーターコイルベースを付けてみ...

  •  0
  •  0

中華モンキー振動対策 その6 エンジン支持補強

中華モンキーの振動対策第6弾になります。だいぶ振動が抑制されてきたのですが、まだ満足できません。今回はたけあき223さんが紹介されているエンジン支持追加を参考に工作しました。用はエンジンの2点支持から3点支持に変えることで、発生した振動を分散させる高価を狙うと言うことです。紹介されている記事のようにアングルを組むのは少し見栄えが悪いので工夫してみました。フレームにねじ穴が一つありましたので、そこにL型ア...

  •  0
  •  0

中華モンキーの燃費 ★キャブレター交換で燃費向上 - キャブレターは日本製!! PE24 -

中華モンキーのキャブレターを交換してから燃費が格段に向上しました。既設キャブは中華製のVM22で25~30km/hでした。交換直前にはキャブのオーバーフローによるガソリン漏れもあり、10km台に落ち込んでおります。キャブレターからのガソリン漏れもあり、日本製のキャブ(TAKEGAWA製PE24)に交換しました。中華モンキーの燃費の推移を紹介します。PE24に交換した後の燃費は45~50km/Lとなっております。モンキーの燃費と言えば50kmく...

  •  0
  •  0

中華モンキーの後輪またもやパンク - 特殊サイズタイヤにダンロップのチューブを装着 -

先日、パンク修理した中華モンキーですが、ふと見るとまたパンクしておりました。チューブを出してみたら、また、穴があいております。今度は内側で、前回と同じように避けたような穴です。その他にももろくなっている箇所があり、ゴムが腐っているような感じでした。パンク修理しても三度パンクしそうなのでチューブを交換することにしました。交換するチューブは日本製からダンロップのチューブを選びました。ただし、中華モンキ...

  •  0
  •  0

中華モンキーパンク修理 - 重たくなったと思ったらパンクしてた! -

中華モンキーが急に重たくなりました。下り坂をニュートラルで下っても惰性であまり進みません。ハンドルも微妙に取られて運転しにくくなってる。どこかが壊れたのかなぁと心配しておりました。ふと後方から眺めてみるとリアタイヤが太っていてより扁平になってます。スタンドが立ちすぎていて不安定です。リアタイヤを蹴飛ばしてみるとベコベコでした。パンクです。特に釘が刺さっているわけでも無く、穴が開いているわけでもあり...

  •  0
  •  0

中華モンキーオイル交換時にカムチェーンテンショナー交換

中華モンキーのオイル交換を行いました。走行距離は2,101.7kmです。交換するオイルはHONDA ULTRA S9にSuper ZOILを加えます。 オイル交換にあわせてカムチェーンテンショナーも交換しました。中華製からHONDA純正への交換です。カムチェーンテンショナーはカムチェーンの張りを調整してくれる役割があります。プッシュロッドヘッドはゴムなので、中華製ゴムの品質が悪く、エンジン内で粉砕することがあるようです。特に不調が出...

  •  0
  •  0

中華モンキーのPE24セッティング ◆キャブ調整その2 ★エンジン始動のキック30回以上解決

中華モンキーに武川製PE24キャブを乗せたことで、エンジン始動時にキック30回以上要するようになりました。キャブセッティング不良によるものと考えられましたが、先日の記事に紹介したセッティングでは解決できませんでした。パイロットジェットが最も疑わしいのですが、どのようにすれば良いのかわかりません。番手すら決めることができない状況に陥り瞑想しておりましたが、本日解決しました。PE24に関する記事を片っ端から読み...

  •  0
  •  0

中華モンキーのグリップ交換 - 柔らかいグリップ -

中華モンキーのグリップを交換しました。夏場の暑い時期などグリップがネバネバする感じがあり嫌悪感がありました。中華製のゴムは特に品質が悪く、グリップの握り心地もあまりよくありません。臭いはあまりありませんが、気持ち悪いので柔らかタイプのグリップを探しました。交換したグリップはキジマのグリップラバー ドクター 120 貫通タイプです。 柔らかグリップで振動を緩和してくれます。グリップの交換方法は左右で異なり...

  •  0
  •  0

中華モンキーのPE24セッティングに悪戦苦闘 ◆キャブ調整その1 ★エンジン始動にキック30回以上

中華モンキーのキャブを日本製のPE24に変えてから、エンジン始動にキック30回以上という苦痛を味わっております。キャブのセッティングが合ってないと考えられたので、キャブセッティングに挑戦してみました。キャブの調整は主にパイロットジェット、メインジェット、ジェットニードルのクリップ位置で行うようです。それぞれスロットル開度に応じて役割分担があります。パイロットジェット・・・0~1/8ジェットニードル・・・1/8...

  •  0
  •  0

中華モンキーガソリンフィルター装着 ◆中華タンクの錆対策

中華キャブには駐車中のガソリン漏れに悩まされておりましたが、フロートが上がらなくなることによりオーバーフローするようです。フロートが上がらなくなる理由はキャブレター内に侵入したゴミによるものがあげられ、中華モンキーではタンク内が錆びやすいので、その錆びがキャブレター内部に侵入することにより、フロートを詰まらせている可能性があります。先日、キャブレターを日本製のPE24に交換したのですが、相変わらず中華...

  •  0
  •  0