弱者のネット活用術

パソコンを用いたお得なネット活用方法を中心とした情報を配信します。

楽天カード作成 ★楽天カードの申し込みはハピタスがお得

0 Comments
kすけ
今頃ではありますが、楽天カードの申し込みを行いました。
クレジットカードはポケットカードが最強と考えており、P-oneカード一本に絞っておりましたが、ETCカードやENEOSカードなど
用途に応じてクレジットカードを使い分けるようになってきております。
基本的には1.5%還元であるP-one Wizを使っているのですが、新たに楽天カードを追加することにしました。

きっかけは消費税のポイント還元対策として使い始めたEdyです。
EdyカードへのチャージをP-one Wizで行ったのですが、明細をみるとEdyチャージに1%OFFがついておりません。
P-oneカードの1%OFF対象を見てみると、電子マネーへのチャージは還元対象外とのことでした。
ってなことで、Edyチャージのポイント還元用として楽天カードを作ることにしました。

ここで、気を付けたいところはクレジットカード作成時の特典をがっつりいただくことです。
楽天カードの場合は新規入会と利用で5,000ポイント貰えるのですが、
その他に、
ポイントサイトを経由することでもポイントダブルどりすることができるのです。
今回はハピタスで楽天カード新規発行が6,500ptでありましたので、ハピタス経由で申し込みました。
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
こちらから登録いただくことでハピタスポイントが30ptプレゼントされます。
ポイントサイトはだれかの紹介(バナー広告や宣伝リンク等の経由)で登録するのがお得なのです。

ここで、今回楽天カード新規発行で得られるハピタスポイント6,500ptとは6,500円に換金できるということです。
楽天ポイントが新規入会で2,000ポイント貰えて、さらに、楽天カードを使うと楽天ポイントが3,000pt貰うことができます。
年会費永続無料の楽天カードを新規作成するだけで、1万円以上ゲットできそうです。

貰った楽天ポイントはEdyにチャージしたいと考えております。
ただし、Edyへのチャージは楽天ポイントでも可能なものとそうでないものがあるようで複雑です。
電子マネーはQRコードのものよりFelicaの方が便利なように思います。
ただ、Felicaは店舗側の導入コストがかかりそうなので普及率がQRコードのものより低そうです。
ポイントアプリで使われているバーコードが一番簡単そうなのですが、電子マネーもどうなることやらです。

今回の楽天カードはEdyチャージと楽天市場での買い物専用ということで、
Yahoo!ショッピングが多い私にはあまり用途がないかもしれません。
スポンサーサイト

OCNモバイルONEの音声対応SIMからSMS対応SIMカードへの変更に落とし穴あり ★050plusは要別途解約

0 Comments
kすけ
今年の1月に音声対応SIMからSMS対応SIMに変更して、通信料金を安くしたつもりでしたが請求金額はそうでもありません。
計算では-480円/月になったはずだが・・・
明細をよく見ると050plusが600円計上されており、050plus割引が300円となっております。
これって、050plusの利用料金が300円発生していることになります。
嫁はまだ音声対応SIMを使っているので、050plusが自動的についており、セット割引として実質050plusは無料となってます。
残りの300円は私の分だということです。

OCNの管理ページで050plusに関する詳細が見れないのでよくわかりませんでした。
ひょっとして、私の050plusが残っていて、音声対応SIM解約に伴いセット割引が無くなった状態なのかと思い、
私が利用していた050plusの番号にダイヤルしてみるとプルルルって呼び出しました。
これは番号がいきてるってことですね。
音声対応SIMカードに自動的に付随していた050plusなので、音声対応SIMカード解約で自動的に050plusも解約と思ってました。

050plusってどうやって解約するのでしょう。
OCNの管理ページで契約内容を確認してみるも050plusのことが出てきません。
そのくせに050plusの引き落としはOCNモバイルONEと一括で行われております。
050plusわかりにくいです。

050plusの解約は基本アプリで行うことになっているようです。
050plusの情報がわからない場合は電話する必要があります。
品質があまり良くなかった050plusのアプリは音声対応SIM解約と同時にアンインストール済みです。
面倒なので再度アプリをインストールして解約手続きを行いました。
アプリで050plusを解約すると即時その番号は使えなくなります。
ってなことで3カ月超の間、300円/月(税別)を無駄に支払っていたことになります。

1月に090の音声通話をやめてLaLaCallに切り替えましたが、何の不自由もなく快適に通話できております。
遅延は若干あるようですが、050plusほど遅れないので会話に問題は一切ないと感じております。
料金も050plusの300円/月に対してLaLaCallは100円/月で1/3の料金であり、コストパフォーマンスに歴然の差が出ております。
さらに、LaLaCallはeo光やmineoとセットにすることで、月100円分の通話料が免除されます。
この品質であればLaLaCallは永続キープって感じです。
通話と通信を分離することにより、今後、よりコストパフォーマンスの良い通信サービスへの乗り換えコストが無くなります。
電話番号と通信サービスが一体であるから、乗り換え時の手数料がかさむのです。

通信容量を家族でシェアするならOCNモバイルONEのSMS対応SIMとLaLaCallがお勧めです。

 + lalacallbanar.jpg

シェアの必要がなければmineoのSMS対応SIMとLaLaCallのセットがお得です。
紹介CP + lalacallbanar.jpg
しかし、屋外での利用の場合、OCNモバイルONEのWi-Fiスポットは便利です。
セブンイレブンのイートインですぐにWi-Fiつながります。(コンビニの場合はコンビニのWi-Fiにつなぐことは可能)
関西スーパーでも利用したことあります。
外で待ち合わせ時の時間つぶしに役立っております。

3か月後に気付いたまさかの落とし穴でした。
OCNモバイルONEの音声対応SIMを解約するときは050plusの解約も忘れないようにしましょう。

WordPressの更新方法 ◆自動更新が機能しない場合の手動更新方法

0 Comments
kすけ
自宅サーバーにインストールしたWordPressですが、こまごまとしたトラブルが続出してイライラしております。
更新にバージョンアップのお知らせが来たのですが、今すぐ更新をクリックしてもダウンロードに失敗となり更新できません。

とりあえず、手動更新でしのぐことにしました。

WordPressの手動アップデート方法
https://ja.wordpress.org/download/より最新版のWordPressをダウンロードする。

②wp-includesフォルダとwp-adminフォルダを削除して
アップデートするwp-includesフォルダとwp-adminフォルダをコピーする。

③wp-contentフォルダを上書きコピーする。
wp-contentのルートには追記されたものが混在している可能性があるので削除しないことに注意

④新しいバージョンのWordPressのルートディレクトリにあるすべてのファイルを上書きする。

⑤新しいwp-config-sample.phpを参照して追記すべき機能を確認して、新機能があれば現行のwp-config.phpに追記する。




アップデートは手動で行っても大して面倒ではありませんでした。
通常通りの動作がしないところにいら立ちますが・・・
ほかにも細々と治したいところがあるので、とりあえず放置になりそうです。

オフィスeo光の対応最悪 ★企業向け回線で固定IP使うならフレッツがお得

0 Comments
kすけ
仕事でデータ収集システムを構築しておりました。
その際、各子局をとりまとめる中央装置の回線としてオフィスeo光を選定しました。
オフィスeo光を選定した理由は自宅の光回線にて戸建てではeo光が最も安いと思っていたからです。
NTTは月料金が高い印象が強いのです。

そのオプテージのオフィスeo光が最悪でした。
2カ月で敷設できるとのことでしたが、3カ月以上要しました。
業務で開発していたので当然工期があり、回線敷設の見通しが知りたかったのですが、オプテージは教えてくれません。
企業向けのサービスなのに回線開通時期の見通しが立てれないとあれば開発工程がめちゃくちゃになります。
回線工事の下見と敷設工事の日程調整も一方的で、事前に予定が立てれませんでした。
3日前に言われても、ビル管との調整なども対応できません。
1週間以上前に調整しろよ!!
現地の最新図面をオプテージに送付していたのだが、現場に来た作業担当には届いていないなど、体制もあやしい。
オプテージの現地対応は孫請け・ひ孫請けといった感じでしょうか。(きんでんと名乗るが作業着が明らかにきんでんではない)
オプテージはとにかく上からものを言い下すような話し方の親方日の丸対応で最悪でした。
何か文句あるのなら申し込みを取り消してもよいとか、ひどい対応です。

ランニングコストを想定してオプテージにしたのですが、固定IPアドレスを付けた場合はコスト的に最安とは言えません。
フレッツ光に固定IPアドレスサービスを加えた方が安いのです。
GMOとくとくBB・・・1,100円/月~
インターリンク・・・1,200円/月~


フレッツ光がプロバイダー(OCN)込みで6,500円/月とすると、固定IPを1,200円/月で付けて7,700円/月となります。
オフィスeo光はプロバイダー込みで5,900円/月とフレッツ光より安いのですが、固定IPアドレス付きでは8,000円/月であり
フレッツ光+固定IPの方が安いのです。
500円/月程度(1割弱)ですので企業で使う経費としては大したことありませんが・・・

ただ、オプテージの傲慢な対応を考えるとフレッツ光にすべきだったと思います。
オプテージは解約時の経費が高いのでやめにくいのです。
今後、拠点を設ける場合はフレッツ光にしたいと思います。

  

データ送信量にもよりますが、子局については格安SIMを利用するとお得です。
固定IPアドレス付きデータSIMカードはインターリンクがお勧めです。



SIMカード対応ルーターはIO TATAのUD-LT1がお得です。
ブロードバンドとSIMカードの回線冗長化にも対応できます。

自宅内の同一セグメントにある複数のWi-Fiアクセスポイントを同一のSSIDに設定

0 Comments
kすけ
我が家ではeo光回線を使っており、道路に面している2F寝室にeo回線終端装置とeo多機能ルーターを設置してます。
宅内でのWi-Fiは1Fリビングにアクセスポイントとして設置したRT-AC88Uに接続しております。
eo光電話をスマホで使えるようにするため、eo無線ルーター機能を申し込みました。
ってことで、宅内の同一セグメント内で2つのWi-Fiアクセスポイントが存在する環境になりました。
wifisamessid.jpg
Wi-Fiアクセスポイントは北側の2Fと南側の1Fで最も離れた配置になっております。

1FリビングのWi-Fiアクセスポイントでは2F寝室では電波が少し落ちてしまうので、
より電波の強いアクセスポイントを使い分けたくなりました。
2つのWi-Fiアクセスポイントを異なるSSIDに設定したのではデバイスでWi-Fiを切り替えるのが面倒です。
そこで、複数のアクセスポイントのSSIDを同一にすることで、より電波の強いアクセスポイントに接続できる環境を作りました。
設定は簡単です。
Wi-Fiの設定で、
●SSID名
●暗号化モード
●暗号化キー

同一にします。
ここでみそとなるのが使用チャンネルのみ違うものにすることです。

電波が重なっているとトラブルになるとの情報もありましたが、
スマホをもって2Fに上がると、自動的にeo多機能ルーターのWi-Fiに接続するようになりました。

2.4GHzと5GHzについては別のSSIDにしているので、これらも同一SSIDとした場合にどのようになるのかわかりません。
我が家では子供たちは2.4GHz、大人は5GHzとしております。

この要領でさらにWi-Fiアクセスポイントを増設することも有効です。
電波の強力なWiーFiはASUSがお勧めです。

電気シェーバーES-LV52-Kの替刃購入 - 6年半も経つと切れ味が無くなる -

0 Comments
kすけ
毎日電気シェーバーでひげを剃っているのですが、切れ味が明らかに悪くなってきました。
使用している電気シェーバーはラムダッシュ 5枚刃の ES-LV52-Kで6年半使用しております。
取扱説明書には
「快適な剃り味を維持していただくために外刃は約1年ごとに、内刃は約2年ごとに取り替えられることをおすすめします。」
とありました。
6年半毎日使用していたので、切れ味が悪くなって当然です。
ES-LV52-Kの替え刃は外刃+内刃がES9032、外刃がES9173、内刃がES9170です。
今回は外刃と内刃のセットを購入しました。

替え刃で切れ味が戻ってきました。

Panasonicのラムダッシュはよく剃れます。


取扱説明書にはシェーバーの刃を1年や2年ごとに交換するよう促されておりますが、
毎日使っていて切れ味が悪くなったことに気付いたのが6年半後だったので5年くらいは使えると思います。
本体の方はまだまだ元気なので、替え刃が供給が無くなるまで使い続けようと思います。

この年になってひげが濃くなってるのかも・・・

自宅サーバーにWordPressをインストール

0 Comments
kすけ
WordPressに挑戦することにしました。
基本的にブログサイトの構築を行いますが、アドインが豊富なので様々な用途に使えそうです。

自宅サーバーにWordPressをインストールしたので紹介しておきます。
ここでは
●PHP・・・インストール方法
●MySQL・・・インストール方法
●phpMyAdmin・・・インストール方法
がインストールされていることを前提にしております。


●データベース作成
phpMyAdminでWordPressで構築するサイトのデータベースを作成します。
データベースは
・ユーザーネーム
・ホストネーム
・パスワード
・データベース名

の4点を決める必要があります。
wordpressinst1.jpg
ユーザー名とデータベース名は同じものにしておくと利便性が良いです。
WordPressのデフォルトに合わせてホストネームはlocalhostとします。



●WordPress配置
WordPressをダウンロードします。
https://ja.wordpress.org/download/

wordpress-5.1.1-jaフォルダをhttpサーバーにアップします。
フォルダ名は任意に変更しておきます。

WordPressフォルダにある「wp-config-sample.php」をコピーして
wp-config.php
とリネームします。

リネームしたwp-config.phpをメモ帳以外のテキストエディタで開きます。
ここではTeraPadを使用してます。
以下3点を修正します。
define('DB_NAME', 'database_name_here');
define('DB_USER', 'username_here');
define('DB_PASSWORD', 'password_here');
wordpressinst2.jpg

次に認証用ユニークキーを設定します。
次のURLで自動生成します。
https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/
生成されたコードを貼り替えます。
wordpressinst3.jpg

編集ができたら保存して閉じます。



●WordPressセットアップ
〇〇〇〇〇の配下にWordPressを配置した例です。
ブラウザで次のURLを実行します。
ここでサイトタイトルとユーザーの設定を行います。
パスワードは任意に設定することもできます。
http://〇〇〇〇〇/wp-admin/index.php
wordpressinst4.jpg
メールアドレスを入力して[WordPressをインストール]をクリック


以上、でワードプレスのインストールが完了します。